5スレ>>958


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺の名前はタクマ!!マサラタウンに住んでいるんだ!昨日10歳の誕生日を迎えてやっと父さんと母さんに萌えもんトレーナーに認められたんだ!

そして近所にある萌えもん研究所の偉い人人よんで“萌えもん博士”そうオーキド博士、そのオーキド博士がが俺を呼んでいると母さんからきいた…

いったいどんな用事なんだろう……?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ⅱオーキド研究所Ⅱ

「あの~…あのー!オーキド博士はいらっしゃいませんかー!!」

「あ、君がタクマ君かい?」

眼鏡をかけた真面目そうな顔のおじさんが話しかけてきた

「あっはい!貴方がオーキド博士ですか?」

「ハハハ、僕はオーキド博士の助手をしている人だよ…、もうそろそろオーキド博士がくると思うんだけどなぁ…」

そう助手のおじさんが時計を見ようとしたその時

「お~い!!」

僕が声のする方向に顔を向けるとそこにはおじいさんが現れた

「きみがたくまくんじゃな!」

「は、はい!そうです!」

「うむ!元気があってよろしい!それはそうと君に見せたいものがある…ちとこっちに来てくれんかのう」

「あ、はい!わかりました」

ーーーーーーーーーーーー

おくの場所には萌えもんを捕まえるための道具、モンスターボール3個置いてあった
「君は今日から萌えもんトレーナーになるのじゃろう…、この中から一匹萌えもんを選びなさい…」

「はい!」

わくわくが止まらない!だってこの萌えもんが俺のはじめての萌えもんになるんだ!
心が踊るなか俺は真ん中のボールを手に取ろうとした…

その時!!

ピューン!

「うわぁ!」

「なんと!?」

急に水色の髪をした可愛らしい萌えもんが現れた!

「あ、あの!俺はなにもしてませんよ!」

「はて…ボールの故障かの…?」

スルーされた…そう落ち込んでるなかその萌えもんが俺の足にひっつく…

「あ、あの?どうしたの…かな?」

「あたしをつれていって」

「え?」

「だから…あたしをつれていって」

オーゥ


「これは珍しいのぅ…萌えもんが自分からトレーナーを決めるとは…」

「え?俺はこの子をパートナーになってもいいんですか?」

「そのために君をよんだんじゃ別にいいんじゃぞ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。