2スレ>>891


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[あくの道]


「わたしは、あくのメノクラゲ。今日もあくを目指してがんばるぞ!」

 タマムシシティ入り口に、メノクラゲが一人立って、何かおかしなことを宣言している。
 悪を目指すというのなら、まずはあくを漢字で発音しろ。「あく」と言ってると、可愛らしさが先にたつ。
 このちょっとおかしなメノクラゲが、タマムシティにやってきたのは、ロケット団に入るため。
 あくを目指すには、あくの先輩に教えを乞うのが一番だと考えたらしい。
 “海の仲間百人に聞きました”の“あくにんといえば?”アンケートで一位を取った相手に会いに来ただけ、という裏話もあるが、気にしては駄目だ。

「いままでで、十分あくぎょうを積んだから、ここでさらなるレベルアップが必要なのです!」

 ぐっと拳をにぎり、強く主張しても、なぜだか説得力がない。
 事実、周囲にいる人は、この発言を聞いても、可愛いこと言ってるね、ということくらいにしか受け取っていない。
 悪には、見た目の凶悪さも必要なんだと、教えてくれる光景だ。

「しかし、さすがは、あくのエリート。どこにいるかさっぱりわかりません」

 近くに全身が黒く、Rと書き込まれた帽子をかぶった、柄の悪い奴がいるんだが、なぜわからないのだろう?
 みつからなくとも諦めず、メノクラゲはロケット団を探す。
 そのかいあってか、町外れの屋敷を拠点にしている、という情報を掴んだ。
 
「ここがそうですか。うん、あくの本拠地にふさわしいところです」

 大きくなく、されど小さくもない、中途半端な屋敷を前に、一人うんうんと頷くメノクラゲ。
 そんなメノクラゲに、庭にいたロケット団員が気づいた。

「こいつは、たぶんメノクラゲだよな? なんでこんな陸地に?」

 近づいてきた男を、期待を込めた目で見上げるメノクラゲ。
 そんな目で見られたことのない男は、ちょっとだけ後ずさる。

「あなたは、ロケット団ですか?」
「そ、そうだが?」
「わたしは、ろけったじゃなくて、ロケット団に入りたいのです。入れてください!」

 ちょっと緊張して噛んでしまうも、自分の望みを言いきった。
 先手を取ることはあっても、先手を取られることは滅多にないロケット団。
 慣れないことに、戸惑ってしまう。

「ロ、ロケット団に? どうしてだ?」
「わたしは、あくを目指しているのです! より大きなあくになるため、あくのエリート、ロケット団で学びたいのです!」
「……うーむ」
 
 もえもんが、悪になりたいと言ったり、自らロケット団に入りにきたり、学びにきたり、初めてづくしで理解が追いつかなくなってきた男。
 少しだけ考えて、

「ならば、面接と入団試験を受けてもらおう!」

 適当にやってみようと結論づけたらしい。考えるのをやめたともいう。
 
「まず始めに、ロケット団に入りたい動機だが、これはすでに聞いたな。
 では、次。いままでにしてきた悪を言ってみろ」
「はい! ピンポンダッシュと釣銭泥棒と空き缶のポイ捨てと落書きですっ!」
「うむ。なかなかの悪だな」
「先輩はどんなあくをしましたかぁ?」
「俺か? 俺の一番の悪は……あれだ、電車で老人に席を譲らなかった」
「おおー! すごいあくです! 憧れます!」
「そうだろ、そうだろ。お前も早くこれくらいできるようになれよ」
「がんばりますっ」

 どうやら、この男もメノクラゲと同じくらい変らしい。
 どうしてロケット団にいるのだろうか? なんというか必要とされていない気がする。
 意気投合したらしいメノクラゲと男は、次の入団試験に話を移した。

「うむ。面接は合格だ。
 次は、試験だ。弱い奴は、ロケット団にはいらない。まずは、どんな技ができるか言ってみろ」
「ようかいえきとぉ」
「うむ」
「バリアーとぉ」
「ほう」
「ハイドロポンプとぉ」
「なっ!?」
「ギガドレインです!」
「は?」

 このメノクラゲ、通常では覚えられないギガドレインまで、覚えてなさる。どこで技マシンを拾ったのやら。
 見た目にそぐわず、実力は高かったようだ。
 驚く男は、さっきと同じように深く考えるのをやめて、話を続ける。

「そ、それでは、技の威力はどれくらいか、試してみることにする。
 そう……だな」

 男は周りを見渡し、庭にあったサカキの像を指差す。

「あれに向かって、ハイドロポンプだ」

 この男、よりによって、自分の組織のトップであるサカキを模した像に、向かって打てと言いおった。
 のちに男は言った。入ったばかりで、トップの顔なんか知りませんでした、すんませんと。
 知ってたら選ぶことはしなかっただろうが、今の二人には、あれがなんなのかわからないので、躊躇いなく実行した。

「いきます、ハイドロポンプ~」

 この男とメノクラゲの不幸は、この行為を実行したことだろう。
 メノクラゲは、とあることがあって決意し、自分を鍛えた。だが、その鍛錬はすべて一人で行ったもの。
 だから、どれくらい手を抜けばいいのか、わからない。ほかの言い方をすれば、手加減を知らない。
 結果、全力で発射された水流は、石像を壊して突き進み、その背後にある屋敷の壁をも貫いた。

「どうですか?」

 水流が出た状態で、男のほうへと向く。水流が、屋敷を破壊しながら、男の腹にぶち当たる。

「ぶほっ」

 水流に押され男は、屋敷の壁にぶつかり、そのまま壁をぶち抜いて飛んでいく。

「あれ?」

 自分のしたことがよくわからないのか、首をかしげぽやーとするメノクラゲ。
 その目の前で、屋敷が音を立てて、壊れていった。どうやら、水流は屋敷を支えるうえで、大事な柱も壊したらしい。
 このメノクラゲ、実力が高いどころの騒ぎじゃなかった。

「何が起きたんだ!?」
「わかるかっ!」
「ロケット団に恨みをもつ奴の仕業じゃないのか」
「いや警察が思い切った手段を使った可能性も」
「いや、俺は見た! メノクラゲが屋敷に向かって、ハイドロポンプを使ったのを!」
「馬鹿言うな! 強力な技とはいえ、もえもん一人で、屋敷を破壊できるわけないだろ!」

 半壊した屋敷から、中にいたロケット団員が、這い出てきて、何が起きたのか怒鳴りあう。

「ほら、あのメノクラゲがやったんだって!」
 
 その場にいたロケット団員全員が、メノクラゲを見る。
 いかつい男に一斉に注目されて、一歩後ずさるメノクラゲ。歓迎してる雰囲気ではないことは、メノクラゲにもわかった。
 主に怒りの感情を示す男たちに、にじり寄られて、メノクラゲはさらに一歩後退。

「なんだかわからないけど、逃げたほうがよさそうです」

 そう呟くと、くるりと背を見せて、駆け出した。

「逃げたぞ! 追えー!」
「おー!」

 こうしてロケット団との鬼ごっこが始まった。
 三時間におよぶ鬼ごっこは、海に逃げ込み、追っ手を振り切ったメノクラゲの勝ち。

 今回のことが原因で、メノクラゲは、ロケット団のブラックリストに載ることになる。
 入団しにきて、敵対することになってどうするメノクラゲ。
 
「今日は、失敗したけど、明日も大きなあくを目指すのです!」

 まだ諦めないのかメノクラゲ。
 君の明日はどっちだ!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。