2スレ>>556


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ん……」
 気がつくと、私は自分の巣に戻ってきていた。
 日は地平線の向こうから昇ってきていた。
 ……? 私は一体……。
 一つずつ、思い出せるところから順番に頭の中を整理していく。
 私は……私は……トレーナーの萌えもんに負けて……。
「――っ!!」
 はっきりと思い出した。
 少年は。彼の萌えもんでない私を助けてくれた、あの少年はどこか。
 形振り構わず、私は巣から飛び出した。
 周囲の気配を探る。
<……ザッ>
 足音がした。
 もしや、期待に胸が膨らむ。
<ザッ……ザッ……>
 なおも近づく足音……誰の物かはよく分からない。
 全身系を集中させ、足音の主を探った。
<ザッ……ザッ……ザッ……>
 ……。
「違う……」
 少年の足音とは似ても似つかない。
 そしてふと、私はあることに気がついた。
 ……どうして?
「こんなに残念なの……?」
 どうしてこんなにもがっかりするのか。理由は分からなかった。
 でも、分かることもあった。
「会いたいんだ……」
 言葉にすることで意思を明確に。
「私は……あの男の子に会いたい……」
 そんな気持ちが私の中で燻り始めた。
 しかし、名前も知らない少年を探すのは無謀なことだった。
 名前が分かれば誰かに尋ねよう。
 出身地が分かればそこに行こう。
 だが、少年との接点は助けてもらったことただ一度のみ。
 一体これでどうやって少年を探せばよいのだろう。
「……私の……バカ」
 こんな想いになるのならすぐに名前を尋ねればよかった。
 後悔の念が私の心に影をさす。
 一度光を遮ると、影は貪欲に肥大していく。
(ふるふる)
 頭を振ってマイナスな思考を払い落とす。
 ……前向きに。
 いつか昔、誰かに言われたことのある言葉だ。
 もう声すらも思い出せないけれど、きっと私の大切な人の言葉だ。
 だって、そうでなければ覚えているはずがないのだから。
 だから前向きに。
「……接点は一つ……」
 ならばやるべきことは自ずと絞られる。
 違う。
 もとよりそれしか方法はなかった。
 ……そうと決まれば。
 私は後ろ向きの感情を置き去りにして足を踏み出した。



「よいしょ……」
 僕は虫萌えもんたちを数人背負って、萌えもんセンターを目指していた。
 最近はいつもやっていることだった。

 始まりは一週間くらい前、友達とかくれんぼをしていた時である。
 隠れるのが大の得意だった僕は、友達が見つけに来れないようなところを探していた。
「あっ」
 背の高い草むらに隠れるようにして、小さな洞穴があった。
 ……きっとここなら見つからない。
 僕は草むらを掻き分けて穴に入る。
 体の小さい僕が少し屈んで歩いていけるくらいの大きさだった。
 ……暗い。
 表の草が日の光を妨げているため、洞窟の中は薄暗く、視界は僅かに一メートルにも満たなかった。
 でもそれが僕の探している隠れる場所にはピッタリだった。
 あとは、オニが降参するまでここで待っていればいい。
 でもきっと、降参するまで長いだろうから……。
 僕はほとんど真っ暗な洞窟の中をそのまま奥へと突き進む。
 どこまで続いているのか気になったのだ。
<……ハァ……ハ……>
 そんな僕の耳に荒い息遣いのような、そんな音が聞こえてきた。
 その音は洞窟を奥に行くにつれて次第に大きくなっていき……。
「あれ……?」
 少しばかり開けた場所に出た。
 と言っても、洞窟の中に変わりはない。
 ただ、どこからか光が差し込んでいるのか、空洞全部を見渡すことが出来た。
 そして、僕は見つけてしまう。
「……」
 空洞の更に奥、一人の萌えもんがつらそうに乱れた呼吸を繰り返している。
 その周りには同じ種類の萌えもんたちが、それを見守るように囲んでいた。
 それは、どの萌えもんもあの子を助けられない、そう語っているように見えた。
 胸の奥に刺さっていた棘が震えた。
「――っ」
 いつかのつらい記憶が頭に蘇る。
 たすけて、たすけて。
 もはや呪いとなった記憶が頭の中を縦横無尽に乱れ飛ぶ。
「くっ……」
<――!!>
 僕の苦悶が一人を囲んでいた萌えもん達の注意をひきつけた。
 ……あ。
 その全ての鋭い視線が、彼らの願うような視線が僕の呪いを抑え付ける。
 とたんに湧き上がるのは、助けなければというただ一言。
 ここで見て見ぬ振りをしたら。
 きっと彼らは僕を恨む。恨んで恨んで呪いを残す。
 呪いは僕の体を蝕んでいつか僕を殺してしまう。
 怖かった。
 だから僕は見捨てられなかった。
 よく人から優しいと言われるけれど、それはこんな後ろ向きな理由から生まれ出たものだった。
 優しくしなければ――。
 そうして僕は終わりのない苦行に手を伸ばしたのだった。

<……ざわ……ざわざわ>
 何やら萌えもんセンターの辺りが騒がしかった。
 何があったのか聞きたかったけれど、知らない人と話をすることは出来なかった。
 だから何で騒いでいるのか僕には分からない。
 事件でも起きたのかもしれない。
 けれど、そんなことよりも。
 背負った萌えもんたちのほうが僕にとっては大事だった。
<ウィーン>
 萌えもんセンターの自動ドアが開く。
「……あら、キミは」
 受付のお姉さんが僕を見る。
 僕は返事もせずに受付まで歩いて、背負った萌えもんたちを引き渡した。
 そして、気になったことを尋ねてみた。
「あ、あの……表……騒がしい……?」
「表? 騒がしい? ……あ、それなんだけどね」
 お姉さんは萌えもんたちをラッキーに渡すと、僕をセンターの奥に案内してくれた。
 よく分からない漢字のついた扉の向こうには、一人の萌えもんが、ベッドに横たわって眠っていた。
「この子、昨日キミが連れてきてくれた子なんだけど……」
 僕は近くで、眠っている萌えもんの顔を見た。
 それは……
「ニドラン……?」
「そう、そのなかでも女の子だけどね」
「……どうしたの?」
 喋るのはニガテだったけど、どうしてか言わなきゃと思う言葉は口をついて出た。
 ニドランを撫でながら、お姉さんはワケを話しはじめた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。