3スレ>>119


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私はエーフィ。
イーブイ八姉妹の長女。
マスターが用で家にいないときはこうして私が他の妹達の面倒を見てるの。
いたずら大好き・問題起しまくりの子達だから世話がやけるわ……




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

えーふぃ!えーふぃ!助けてえーふぃ!

早速誰かが呼んでる。
この声は、六女のリーフィアからだわ。
早く行ってあげないと。

「どうしたn……って、何で蔓に絡まってるの……?」
「えへへ、新技でつるのムチ練習してたらうまくいかなくて。」

モノの見事に蔓に絡め取られてるじゃない。しかも宙吊りってどういう事?

「もう、仕方ないわねぇ…」

とりあえず上に引き上げて……っと。

「はい、これでほどけたわよ。」
「えへへ、ありがと。」

リーフィアにはつるのムチは向いてなさそうね。今度マスターに進言しよう……



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

えーふぃ!えーふぃ!助けてえーふぃ!

また誰かが呼んでる。
今度は、七女のサンダースみたいね。
また何かやらかしたのか、全く。

「あ~あ~、またやったわね。」

サンダースの電気充電によるショートでブレーカーが落ちる、全く、日常茶飯事で困っちゃうわ。

「何度言ったらわかるの? ショートしちゃうから内緒で充電しちゃダメだってマスターにも言われたでしょ?」
「だって、電気おいしいんだもん。」

ダメだわ、反省の色が全く見えない……




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

えーふぃ!えーふぃ!助けてえーふぃ!

今度は2人一緒に聞こえてきたわ。
次女のシャワーズと三女のグレイシア。
またケンカでもしたのかしら?

「……はいはい、ケンカはやめ……って、何て格好してるの!?」
「何って水着だよ?」
「どっちがマスターに気に入られるか、グレイシアと言い争ってたんだけど……姉さんに決めてもらおうと思って。」

今冬近いのに何この2人は水着の事で言い争ってるの!?
……スクール水着のシャワーズに、ビキニのグレイシア。 ……どっちもマスターが死にそうだ。

「そんなの私に言われても分かるはずないでしょ? それに、何時着るのよ。」
「だって、一週間後温泉行くって言ってたじゃん。」
「あ~……ってねぇ……」
「きっとエーフィ姉はピンクのフリルタイプが似合うと思うね!」
「…勝手に着せないで頂戴。」

お年頃なのか知らないけど、マスターにお色気で誘惑したらマスター温泉内で溺れ死んじゃうかもしれない……




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

えーふぃ!えーふぃ!助けてえーふぃ!

さぁて?次は……
五女のブースターね。この子は比較的真面目だけど……って何か焦げ臭い。

「焦がし……ちゃった。」
「あ~…なるほど、料理ね……」
「マスターが帰ってきたときのために作ろうと頑張ってたんだけど……」

フライパンにはホットケーキ? いえ、どう見たって黒い塊にしか見えない……

「また火力最大にしたでしょ?」
「うん……」
「いい?ホットケーキはね……」

火力弱いからって火吹いちゃうのが原因なのよね……今度火力が勝負!って料理教えてあげようかしら?




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

えーふぃ!えーふぃ!助けてえーふぃ!

もう、いい加減に問題起こさないで……
全く、声の主は……四女ブラッキー……
すごく、嫌な予感がするわ……

「ブラッキー、今度はなn……きゃっ!?」

ゴロゴロズッテーン!

「あいたたたた……」
「や~い、引っかかった引っかかった~!」

見上げるとそこにはブラッキーの影が……6つ!?
今度は落とし穴か……!前はスピアーけしかけてきたからまた何か仕掛けてくると思ったけど……不覚。

「へへ~、姉ちゃんのパ○ツもいただき~」
「え!?」

私、はいてない! 一体何時!? 落ちる寸前!?

「返しなさい!!」
「姉ちゃんが怒ったぞ~! メタモン達、逃げろ~!!」

アイツ、これが目的で……しかも、撹乱するためにメタモンまで……

「コラ!待ちなさい!!」

今は必死で上がらないと! そしてサイコキネシスをお見舞い……そういえば効かなかったわね……
仕方ない、1人ずつ捕まえるしか……





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

えーふぃ!えーふぃ!助けてえーふぃ!

あぁもう!こんな時に!!
しかも末っ子のイーブイじゃない……!
仕方ない、スカートで隠せれるから後回しにしよう……

「ど、どうしたの? イーブイ。」
「ぼーるがあそこのいわばのおくにはいりこんじゃって……」

成る程、私達が屈んで入れるような所へボールが転がり込んじゃったわけね。

「あらら……困ったわね。」
「むこうになにがいるかわからないから、おねえちゃんといっしょにって……」
「わかったわ、私が前に行ってあげるから、後ろついてきなさい。」
「うん!」

…あれ、私何か重大なこと忘れてるような……
とりあえず、中に入ろう。
……四つん這いにならないと入れないわね……よししょっと。

「……あれ?なんでおねえちゃんはいてないの?」
「!!??!!??」

そ、そうだった……! ブラッキーに取られたままだったんだ……

「そ、そそそそそそれは……そう、穿き忘れちゃったのよ……!」
「ふ~ん……」

……ブラッキー、後で絶対お仕置きしてやる……! うぅ……涙が出てきちゃったわ……







――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

えーふぃ!えーふぃ!助けてえーふぃ!

また何処かで誰かが呼んでる……
何かもうイヤ。疲れちゃった……
マスター早く帰ってきてくれないかな……?

ますたー!ますたー!助けてますたー!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。