2スレ>>964


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私はユンゲラー。
私はまだケーシィだったときに今のマスターに捕獲され、
今はマスターのパーティーの一員として生活している。

いや、正確にはついて来た。マスターの人柄に惚れて・・・

それは今から約一ヶ月ほど前。24・25番道路でのこと




「おーい、そっちに行ったぞー!」
「オッケー、わかった!」

近所の子供達が私を捕まえようと躍起になっている。

ケーシィ(以下:ケ)「またか・・・」

私はいつもいつも追われる身であった。
たかがケーシィ・・・同じ個体ばかり狙わずに、違う個体も狙えばいいのに・・・そう思う人もいるだろう。
だが残念な事に私には他のケーシィと違うところがあった。
そう、所謂「色違い」というものである。
故に私はいつも狙われていた。


マスターと出会ったその日。やはりいつもの如く私は逃げ回っていた。
私は最後のPPを使い、その場から立ち去った。
その時であった。逃げる直前に逃がしはしないと一人の少年の投げたもんすたぁボールが私の方に飛んできた。
間一髪でテレポートして避けたものの、その時に動揺してテレポート先の選択に失敗し、私はテレポートした先の崖の上から落ちてしまった。


数分後・・・

ケ「うぅ・・・」

私は目を覚ました。どうやら落ちたときに頭を打って気絶していたようだ。
もうテレポート出来ないので、歩いて巣に戻ろうと立ち上がろうとした時に、

ケ「痛っ・・・?!」

自分の足をみると、右足が腫れ上がっていた。
更に運の悪いことに、張っていこうにも、周りは自分の背丈くらいの草むらで、張って移動することが出来なかった。

ケ「くっ・・・」

私は、痛みがひくまで暫くここにいることにした。


・・・更に数時間後・・・


リザード(以下:リ)「ご主人様、今日は色々な成果がありましたね」
ピカチュウ(以下:ピ)「私たちのレベルも上がったし、船のチケットも貰えましたよ」
トレーナー(以下:ト)「そうだな。次こそはカスミに勝つぞ!」

リ「あれ・・・?」
ト「どうした? リザード?」
リ「あそこの草むらに・・・誰かがいる・・・見えないけど・・・そんな感じがする・・・」

ピ「・・・本当だ、泣き声が聞こえる・・・微かにだけど」

ト「・・・ちょっと、様子を見て来る」







ケ「うぅ・・・うぅ・・・」
私は泣いていた。
足の痛みはひくどころかどんどん酷くなっていた。
そして、寒さと空腹にも襲われて、意識も少しずつ朦朧としてきた。

そんな時

ザッザッザッザッザ・・・

足音が聞こえてきた。

私は薄れていく意識の中でこんな言葉を耳にした。

「・・・! おい! 君! 大丈夫か?!」
「・・・意識がない・・・ 足の腫れ具合も酷い・・・!」
「どうしたのですか? ご主人様・・・ってどうしたんですかこの子の傷!!」
「ああ・・・意識も無い・・・すぐにセンターに運ばないと!」
「私、急いでセンターにこの事を知らせてくる!」
「ピカチュウ、頼んだぞ! リザード! 俺の荷物を運んで! 俺がこの子を背負う」
「は・・・はい!!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ケ「ぅ・・・ううん・・・」
私は目が覚めて驚いた。リザードとピカチュウ、そして人間が私をのぞき込んでいたのだ。

ケ「な・・・」

ト「気がついた・・・」
リ「大丈夫?」
ピ「よかった・・・」

私は、今の状況が判らずに戸惑っていた。
すると、人間がそれを読み取ったのか、今の状況を説明してくれた。


ト「君、傷だらけで草むらで倒れていたんだよ。それを俺たちが発見して、もえもんセンターまで運んできたんだよ」

私はそこで思い出した。
ケ「そうか・・・私はあの後、意識が朦朧として・・・」

ト「俺、ちょっとジョーイさん呼んでくる」
そういって人間は部屋の外へ出ていった

数分後、その人間は看護師さんを連れて来た。

ジョーイさん(以下:ジ)「ん~、この調子なら明日辺りに退院できそうね」
ト「そうですか・・・良かった・・・」
ジ「明日、もといた場所に逃がしても良さそうね」
ト「はい、わかりました!」

この時、私は驚いた。いつもの子供達なら、捕まえようとするのに、この人間は捕まえるどころか逃がそうとしてくれている。
看護師さんが去った後に、私はその事を質問した。
そうしたらこのような答えが返ってきた。


ト「確かに、珍しいから捕まえたいけど、怪我をしている君を見て捕まえようなんて考えなかった。
 その時は一刻も早く、君を助けようと必死になっていた。次に元気な姿で会ったときに捕まえるよ」

とにこやかな笑顔で答えた。

その答えを聞いて、私は初めて「色違いのもえもん」ではなく「一匹のもえもん」として扱ってくれている人間がいることを知った。
そのことに私は感動し、少し涙を零してしまった。相手が慌てたことは言うまでもない。
そして、私はこの人間について行こう。共に歩んでいこうと決心した。
その旨を伝えると、答えはすぐに返ってきた

ト「よろしくな、ケーシィ」

こちらも負けじとすぐに返事した
ケ「こちらこそ・・・マスター・・・!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。