3スレ>>634(1)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

>>587を見てムシャクシャして書いた。  反省はしていない!


関係的には、主人公の目が覚める前のifみたいな感じ?
まぁ、長々と説明してもしょうがないんで、本編どぞん


**************************************************



その時、観客席から、黒い塊のようなものが、タッツーに群がる人間達に向かって放たれた。
黒い塊は、恐ろしいスピードで人間達の目前に接近する。

その刹那、黒い塊は、まるで炸裂弾のように爆散した。


「ぎゃあっ!」

「ひいぃっ!」


直撃を受けたのは、人間のみ。
タッツーには怪我一つ無い。

それどころか、弾けた弾はまるで狙ったかのように彼女の枷を破壊し、彼女を自由にする。


「あっ……」


タッツーは自由になった肢体を必死に動かして、人の居ない場所へ逃げ込もうとする。


「逃がさんっ!」


それを見たカイリキーが、タッツーを捕まえようとする、が、


「ぎゃあああーー!!」


カイリキーの目の前に、先ほどより巨大になった黒い塊が現れ、襲い掛かった。
黒い塊の直撃を受けたカイリキーは、どう、と地面に倒れ付した。

先ほどまで熱気に沸いていた会場が、一気に静まり返った。



「……くだらん茶番だ、貴様らはこのような見世物でしか、自らを満たすことが出来ないのか?」

「なっ…」

人ごみの中から、重い、重い、人間とは思えないような、重厚な声が響き渡る。
そして、観客席の中から、一つの黒い影が飛び出す。

白く長い髪、漆黒の外套、顔を覆い隠すほどの、長く厚い真紅のマフラーをはためかせ、


声の主は舞台の上に降り立った。


「随分と悪趣味なことをしてくれるな……まぁ、先月潰した研究所よりはマシだが」

「あ、貴方は一体……」


震える声でライチュウが問う。
だが、ライチュウは今すぐにでも、ここを逃げ出したい衝動に駆られていた。

彼女の本能が告げる、
コイツは危険だ、早く逃げなければ……


「我の素性など、どうでも良い。 それよりも……だ」


人物はライチュウの方を見ようともせず、右手を高々と掲げながら続ける。



「今宵、この場は悪夢となるぞ」



その一声と共に、人物の右手から暗黒が放たれた。
放出された暗黒は、一瞬にして会場全体に広がり、会場は暗黒の空間となる。
そして、


「うわあああぁぁぁぁ!! か、体が……」

「ひ、引きずり込まれ……助けてくれぇー!!」


次々と人間達が、暗黒に引きずり込まれていく。
しかし、その暗黒は萌えもん達を取り込もうとはしない。
萌えもん達は、それに気付くと、我先にと、この悪夢の場から逃げ出そうと駆け出していた。


いや、一匹だけは例外であった。


「い、いやぁ! なんで、なんで私まで!? 貴方の狙いは人間じゃないの!?」


会場の司会役となっていた萌えもん、ライチュウも暗黒の中に取り込まれようとしていた。


「何やら勘違いしているようだな……我の標的には悪しき心を持つ人間の他に、
仲間の萌えもん達を食い物にするような奴も含まれているのだ……
貴様は、今まで多くの同胞達を生贄に、私腹を肥やしていたそうではないか」

「だ、だって……私のマスターが、そうしなければ私を捨てるって……!」


ライチュウの体が、首から下まで暗黒に飲み込まれる。


「そうか……だがな、我は別に直接手を下している訳ではない、
今、お前を暗黒に引きずり込んでいるのは、貴様自身の業なのだぞ?」

「え……?」


ライチュウが首だけを回して暗黒を見る、そこには


身代わりにした友が居た

見捨てた仲間が居た

売り払った家族が居た


そして……遥か昔に捨て去った、昔の自分が居た。

それらは、ただ虚ろな眼でライチュウを見つめ、その体に群がっていた。


「いっ いやああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!」


ライチュウの頭が暗黒に飲み込まれた。






「いやー、お見事お見事、大成功だねぇ♪」


舞台の中心に立つ人物に、捕らえられていた萌えもんの中の一匹、スリープが話しかけた。


「……これで、粗方の施設は潰したわけだな」

「そそ、今頃ロケット団の連中てんてこ舞いだね」


そう、この施設は、ロケット団の経営するオークション会場。
この人物は、ロケット団の収入源を断ち切るために、この施設を襲撃したのだった。
そして、このスリープはもともと、この人物の手引きをするために、捕らえられた萌えもん達の中に紛れ込んでいたのだ。


「でもさぁ……いつも使ってるエネルギーの3倍くらい放出したっしょ? こいつら一ヶ月は眼を覚まさないんじゃない?」


彼らの周りに転がる人間達。
その殆どは、苦悶の表情で眠っている。

そう、この人物が使った技は 『ダークホール』 生物を強制的に、悪夢の中に引きずり込む技だった。


「それでよい、特に素行が悪い者達は、1年は目を覚まさないようにしておいた」

「うわ、えげつなっ 1年間も悪夢見続けるわけ? 起きる頃には精神的に死んじゃってるんじゃないの?」


大袈裟に驚くスリープ、しかし、その表情には一片の憐れみも浮かんでいなかった。


「しかし まぁ、人気が無くて売られるなら、まだマシだよねぇ……
イーブイみたいに、希少で特殊な萌えもんは研究用に回されてさぁ…………
そっちのほうが、よっぽど残酷だよねぇ? ……ねぇ!」


スリープが近く居た男の頭を蹴り飛ばす。
男は小さくうめき声を上げるが、眼を覚ますことは無かった。


「……スリープ、過ぎたことはもう修正することは出来無いのだぞ、
例えその元凶であった者を殺したとて、死んだ者は生き返らないのだ……」

「判ってるよ、そんなこと」


スリープはただ、血が滲むほど唇を噛み締めていた…





「そう言えばさ、こんな所に子供がいたんだけど、どうする?」


スリープが観客の中の一人を指差す、確かにその人間はまだ子供だった。


「欲望に満ちた大人の世界に、こんな少年が居るとは……世も末だな」

「う~ん……ドククラゲぇ……パルシェン……モルフォン……やめろぉ……死ぬぅ……」

「なんか、いやに楽しそーな悪夢見てるみたいだねぇ……コレ、どうする?」

「……ドブにでも捨てておけ」



その後、何故かタマムシのドブで眠りこけている少年が発見されたとか、されなかったとか……
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。