3スレ>>680


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

隊長「…はぁ…」

俺はモーレツに悩んでいた。
俺の手元には今5匹の嫁達がいる。スピアー、ウツボット、ベトベトン、ファイアー、そしてこの前捕まえたカイオーガ。

だけど、俺の心は満たされない。

フ「何悩んでるんだ?」
隊「ファイアーか。いやさ、まだ手持ちに一人加えれるわけよ、その最後の一匹をどうしようか悩んでるんだ。」
ベ「また増やすんだ……へぇ~」
隊「なぁベトベトン、俺に圧し掛かるのはいいがせめて毒のないキスをしてくれ……俺の身が持たない。」
ベ「私から毒を取ったら、何が残るんだろうね…? クスクス……」
隊「それは……すまん、悪かった。とりあえずどいてくれ。」

離れようとしないベトベトンを何とか引き離す。

カ「それにしても、御主はこの童がいても不満だというのか?この変態め。」
隊「いや、そういうわけじゃないんだ。萌えもんリーグに挑戦しようと思ってな。」
カ「萌えもんリーグじゃと……?何じゃそれは。」

海御嬢は知らないのか? まぁ、伝説の萌えもんとはいえ知らないことも多いだろう。

ス「なるほどねぇ~、今まで嫁探しと称しながら全国を回りつつ、ジム戦をしていたのはそのためなのね。」
隊「そう、それももう終わり。もう8つのバッジが集まって萌えもんリーグに挑戦できる権利ができたというわけだ。」
カ「ならば何故今になって仲間を探すというのだ。」
隊「それでけ、萌えもんリーグってのが厳しい戦いになるからさ。」
カ「……むぅ…」

流石の御嬢も口を紡いだか。

隊「で、悩んでるわけなんだ。パーティのバランスがよくてかつ俺の嫁に認定してもいいようn……」
カ「また嫁か!!」

最近ヤケに喰い付くな、御嬢……

ウ「あ、あの、マスター。」
隊「ん? どうしたウツボット。散歩からえらい早い帰りじゃないか。」
ウ「それが、マスターに会いたいという萌えもんの方がいらっしゃいまして……」
隊「俺に会いたがってる萌えもん……?」

誰だ? 会いたがってる奴って……

?「…フフ、久しぶりね、坊や。」
隊「げえっ! ヘル姐!」


説明しよう。ヘル姐とは文字通りヘルガー姐さんのことである。
俺が嫁探しをする前から知ってる近所のお姐さん、というか萌えもん。
彼女はまだ野生の萌えもんである。何故捕まえなかったのかって? 捕まえられないんだよ、というか捕まえる気が起こらないんだよ。色んな意味で。
そして異様にレベルが高い。マスターボール投げても素手で跳ね返されそうなくらいの強さである。
俺が旅に出る前から各地へ放浪を始めたらしいのだが、まさかこんなところで会うとは……
やべ、脂汗が出てきた……

ヘ「あらあら、見ない間に随分と大きくなっちゃって……それに、こんなに萌えもん集めちゃって…。私との愛はどうなったのかしら?」
隊「い、一方的な愛じゃないのか…?」
へ「ふぅん…、スピアーにウツボット、ベトベトンと見事に毒が揃ってるわねぇ~ それにファイアーとカイオーガ、こんな伝説の2人まで捕まえちゃって…。随分とエラくなっちゃったのね…♪」
隊「や、やめろ、俺を押し倒すな圧し掛かるな首を掻き毟ろうとするな…! 誰か止め…」

れるわけないよな……

一同『……』

皆唖然としてるよ……

ヘ「あぁ~久しぶりに噛み砕いてやりたいわ…♪」
隊「……や、やめてくれよ……命が幾つあっても足りない……で、一体何の用なんだ…?」
へ「今日一日私に付き合いなさい♪」

一同『ええぇぇ!?』

な、何を言い出すんだこの黒犬はっ!!

隊「な、何で急に…!!」
ヘ「フフ、伝説の萌えもんの情報を知りたくないのかな~?」
隊「な…!?」

伝説の萌えもん…既に2人捕まえてるとはいえ気になるのは確かだ。
…しかしヘル姐、そんなことを引き合いに付き合えとは……地獄だ……

隊「わ、わかった……」
ヘ「ん、じゃあ決まり♪ 他のお嫁さんたちはさっさとボールに戻ることね♪」

萌えもん達の方を向きニッコリと笑うヘル姐。
…その顔が怖いんだよ、畏怖過ぎるんだよ…!
ほら、嫁達が怖気づいてるじゃないか……ファイアーも海御嬢も怖気づいてる…

隊「……すまない、今日はボールに戻ってくれ……」

皆素直にボールに戻ってくれた。うん、これでいいんだ、これで…

ヘ「さぁ、行くわよ~」
隊「何処へ……」
ヘ「地獄のデートへ♪」

……今日一日、先が思いやられる……










―――――――――――――――――――――――――――――――――


ウ「どうしました、マスター…顔が優れないですよ…?」
隊「……言わないでくれ……」
ヘ「さぁ、ひとっとびで行くわよ~!」
隊「ところで、その伝説の萌えもんは一体…?」
ヘ「氷の守護者、レジアイスよ♪」




後編へ続く……
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。