3スレ>>732(1)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日はクリスマス。
いつも賑やかな町中も、いつにも増して人や萌えもんで、ごった返している。
普段戦ってばかりの萌えもん達も、この日ばかりは戦闘を仕掛けようとするトレーナーも少ないので、
トレーナー達と共に買い物やら、パーティの準備やらに勤しんでいるのだ。
所謂、萌えもん達のお休みといったところか。


「~♪~♪」


ここで、鼻歌を歌いながら買い物をしているゼニガメと、その後ろで荷物持ちをしているコラッタもその中の一人、
いつも悩みの種であった主人が、用事でどこかへ行くと言うのでしばらく暇を貰ったのだ。


「はぁ~♪ ご主人様が居ないだけでこんなに心が晴れ晴れとするなんて……やっぱり私、野生に戻ろうかなぁ♪」

「そ、そんなこと言っちゃダメですよぅ……」


主人の陰口を言うゼニガメをコラッタがたしなめる。
だが、ゼニガメはまったく意に介していない。


「いいのいいの! あの変態ご主人様には毎回苦労させられてるんだもん。
このくらい言ったってバチは当たらないよ!
……それより、ニドラン♂はどうしたの? 荷物持ちならあいつに任せれば良かったのに」


実はこの二人の他に、ニドラン♂という萌えもんも主人の手持ちに居るのだが、今はその姿が見えない。
本来なら、力のある彼に荷物持ちを頼みたかったのだが、コラッタが代わりに行くと申し出たのだ。


「あの……えっと……そのニドランさんから頼まれて……
『イイ男を見つけるために、公園のベンチに行ってくるから、お留守は頼んだぜ』
って……どういう意味なんでしょう?」



ウホッ ♂♂



ゼニガメは放心した!


「あ、あぅ~ ゼニガメさん、大丈夫ですかぁ?」

「ご、ごめん……ちょっとトラウマが……誘わなくて正解……」


顔色が真っ青になったゼニガメを、困惑しながらも心配するコラッタ。

世の中には知らないほうが良いこともあるのだ……





買い物を終えたゼニガメ達は、あらかじめ予約しておいた宿への帰路についていた。
買い物袋に詰めてあるのはは、クリスマス用品。
ケーキと七面鳥などの他、小さなツリーや簡単なイルミネーション器具も入っている。

わざわざこんな大掛かりなものを買ってきたのも、以前から人間達が行っている面白そうなことを、
自分達も経験してみたいという、二人の意見が一致したからであった。

そして、ホクホク顔で宿への近道の細道へ入り込む二人、
と、そこに一台のトラックが、ゆっくりとしたスピードでゼニガメ達の横をすり抜けようとする。


「…! ゼニガメさん、トラックが来ましたよ。 この道狭いから脇に避けないと……」

「あ、本当だ、危ない危ない」


(今日はクリスマスなのに……こんな日でも忙しい人は忙しいんだ)

(人間って大変なんですね~)


と、そんなことを思うゼニガメ達の耳に、聞き慣れた人物の声が飛び込んできた。


「ド~ナドナドナドナ~♪」

「「!?」」


……声の出所はトラックの荷台、



「おお、そこに見えるはマイステディ! 見ませう! この軽やかな歌声を! ランランララランランラン♪」



……そこには彼女らの主人『劣℃』が、


降りしきる雪の中で、ブリーフ一丁で座禅を組みながら歌を歌いつつ鎮座していた。




「「……ご、ご主人様ぁーー!!?」」



二人の驚愕と絶望の雄叫びが寒空に響き渡った……





つ、つづく?
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。