1スレ>>193


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

森の中、木々が開け小さい広場のような場所に彼女は居た。
彼女は、自分の身体を抱くようにして俯いている。

「私は、女になど生まれてこぬほうが良かったのだ・・」

ポツリと、震えた声で漏れた言葉。
彼女の顔は、今にも泣きそうなほど歪んでいた。


――――――――――

世界には数多くの萌もんが存在する。
その中でも、特に戦闘に特化したもの。
それが、彼女―ストライクと呼ばれる種族―であった。
ストライクには、力こそ全て、と考える独特な思考を持っている。
サファリパークの中で育った彼女にも、その思考はしっかりと根付いていた。
いくら人に管理されている環境であろうとも、争いは起こる。
食料なども早い者勝ちであったし、そのような状況にあれば、
そうした思考になるのは、仕方のないことかもしれないのだが。
ともかく、そうした思考を持った彼女は、筋力や速度で劣る女の体に不満を抱いた。
また、日々大きくなっていく胸の膨らみも邪魔以外の何者でもなかった。
さらしを巻いて押さえつけてはいるが、締め付けられる感覚には慣れることはないし、戦闘後にさらしがずれたりと、面倒事も多い。
そんな溜まり続ける不満の末、彼女はついに、先ほどのような言葉を漏らしてしまった。

―――――――――――

ストライクは、身体を抱いたまま俯き、立ち尽くしていた。
その肩はかすかに震え、溢れ出しそうになる涙を必死に堪えているのが分かる。
だからだろう、

「ストライク」

俺が目の前まで近寄っても気付かなかったのは。

「主、殿」
「悪いな、聞くつもりはなかったんだが・・」

顔を勢いよく上げ、驚愕を露にするストライクに、謝罪を述べる。
事実、休憩からいつまでも戻ってこないストライクを探していたら、偶然聞こえてしまったのである。
実を言うと、彼女の悩み自体は、結構前から察してはいた。
しかし、ここまで深刻になっているとは・・・
俺は頭を掻きつつ、彼女の横へと腰を下ろす。
そして、広大な森を何と無しに見ながら彼女に声をかけた。

「なぁ、ストライク?」

「・・・なんでしょうか、主殿」

返ってくる声は、出来る限り感情を排した硬い声。
が、気にせずに続ける。

「俺が旅をしてる理由、分かるか?」

「・・・」

思案しているのか、彼女からは何の反応も返ってこない。
そのまま、しばらく待っていると、彼女はポツリと漏らす。

「リーグ制覇、あるいは、図鑑の完成のためですか?」

「うん、残念ながら不正解。リーグ制覇はあくまで通過点だし、
 図鑑はオーキド博士に頼まれたから、旅ついでにって感じだよ。」

「ならば何故?」

「えーとな、友達になりたかったんだ。この世界にいる萌もん全部と。」

「・・・は?」

上を見上げれば、きょとんとしたストライクの顔が目に入る。
まぁ、我ながら馬鹿な理由だと思う。
実際、旅に出て全ての萌もんと友達になるなんて、不可能であると気付いたし。
それでも、

「全部なんて無理だってすぐ分かったよ。その代わりにな、
 俺と一緒にいてくれるやつだけでも、いつも笑ってられるようにしてやるっ
 て決めたんだ。」

それだけは、心に深く刻み込んで今までやってきた。
だから、泣きそうになりながら自分自身を否定する彼女を俺は許さない。
押し付けだと、余計なお世話だと言われるかもしれない、それでも、彼女が自分自身を好きになれるよう、無理やりにでも俺は変えてやる。

「覚悟しとけよ、ストライク、二度とあんなこと言おうと思わないようにしてやるからな」

自分勝手?知ったことか、これが俺のやり方なんだから。



後日?談

「というわけで、自分を好きになるために、何が必要か考えてみた。」

「何がというわけなのか、さっぱり分からぬのですが。」

「いいか、昔の人はいいことを言った。気 に し た ら 負 け 。
 で、本題に行くわけだが・・・」

「主殿、何故私の胸を凝視なされているのだ。」

「うん、やっぱりさ、そうやって押さえつけるのがいけないと思うんだよ。
 こう、もっと開放的になるべきだと思うんだ。心も身体も」

「つまり、さらしを取れと?」

「うむ。」

「満面の笑みで、そのような妄言を垂れ流されるのはやめられたほうが・・」

「理解が得られたようなので、さっそく、剥きましょう」

「む、剥くとか言うでない!というか、こっちに来るな、わきわき手を動かすな!」

「やっぱり、昔の人はいいこと言うよね?」

「・・・え?」

「 問 答 無 用 」


10分後、ぼろくずになったマスターが森の中で発見されました。by ロコン
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。