3スレ>>865


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・人物紹介
ケィ(フーディン)
リン(ウインディ) 
エナ(ヘルガー)
瞬(ハッサム)
スミレ(スターミー)
ルー(ピジョット)
わっふる(ガーディ)


『雪合戦(バトル)しようぜ!』

 糞寒い冬の昼下がり。
 シロガネ山の管理人小屋近くでは、萌えもん達の壮大な雪合戦が繰り広げられていた。
 何故か?
 そこに雪があるからだ。
 チームはリン、わっふる、エナのわんこチームと、瞬とスミレのデュアルヒーローチーム(スミレ曰く、武士と魔法少女って新しい組み合わせだとは思わないかマスター!だそうな。瞬は武士じゃないんだが)
 ケィとマスター、ルーは優雅に観戦中だ。

「はぁぁぁ!」
「てや!」
「シッ!」
 わっふるとリンが投げた雪玉を瞬の鋏が砕く。
 瞬はちらり、と後ろを見てスミレに雪玉を投げるように促す。
「喰らえ! 氷せ……」
 高らかな宣言と共に雪玉を投げようとしたスミレの顔に、エナの投げた雪玉が直撃する。
「く、人の技の叫びを遮るなんて、鬼畜外道!」
「そこまで言われる謂われは無いわよ!」
 スミレとエナはコンビネーションも考えずに二人っきりで争い始める。
「以前から気に入らなかったのだ! マスターのパーティに貴様のような悪タイプがいるのを!」
「途中参加の癖に偉そうな口を!」
 周囲に飛ぶ雪玉と罵声。
 観客席にも届きそうな程の暴投だが、ケィの念力に守られている観客席には届かない。
「消えろ消えろ消えろ!」
「良い的よ、貴女」
 周囲を気にせず段々と離れていく二人。
 罵詈雑言が飛び交っているが、互いにとてもいい顔だ。

 さて、残された片割れ達は、と言うと。
「ふむ、二対一か……なかなかに不利だが、逆境を覆すのも一興!」
 飛んでくる雪玉を避けながら瞬は不敵に笑う。
 ぞくり、とする笑みだ。
「わっふるちゃん!」
「うん! お姉ちゃん!」
 ふかもふペアが瞬を墜とそうと必死に雪玉を投げる。
 だが、当たらない。
「遅い、遅いぞリン殿! 家事ばかりしていて鈍ったか!?」
「ふ、太ったって言うの!?」
「お、お姉ちゃん! 挑発だよ! 乗っちゃ駄目!」
「どうしたリン殿! 神速と言われた貴女の力はこの程度か!」
「後悔させてあげるわ!」
「お、お姉ちゃん!!」
 わっふるは一人取り残される。
 当然だ。Lv100同士の戦いに未だLv10にも満たない彼女では入り込むことは出来ない。
 だが、妨害くらいは出来る。
 そう考えて、わっふるは小さな雪玉を作り期を窺い始めた。

「ははっ! 楽しいなぁリン殿」
「くっ! どうして当たらないの!」
 早さを生かし数で勝負するリン。
 数十の玉が瞬を襲うが、そのどれもが彼に有効打を与えることは出来ない。
 瞬では彼女の早さについていけない。故に、玉を当てることは不可能。だが、攻撃を避けることは出来る。
 回避できる物は回避し、どうしても無理な物だけを砕く。
 ソレを繰り返すだけで有効打は無くなる。
「どうした、その程度かリン殿!」
「くぅぅぅぅ!!」
 当たらない。当たらない。当たらない。
 掠りは有効ではないのだ。
 直撃しなければ相手を倒したことにはならない。
「ふふ、ふはははは!」
 瞬の口から笑いが零れる。
 と、そこにあらぬ方向から小さな雪玉の群が飛来する。
「!」
 瞬の意識がそちらに向く。
「今!」
「まずっ……」
 その隙にリンは雪玉を投げる。
 結果は……直撃。
「や、やったよお姉ちゃん!」
 先ほどの雪玉を投げた主が歓びの声を上げる。
「く……わっふる殿の存在を忘れていた私の負けか。まだまだ未熟だな……」
 瞬は膝をつき、がっくりと悔しそうに肩を落とす。
 なんだか白くなっている気がする。
「わっふるちゃん……すごいじゃない!」
「ううん。お姉ちゃんが頑張ってたからだよ! あの一瞬を狙えたのはお姉ちゃんのお陰だよ!」
「わっふるちゃん……」
 白くなっていた瞬が立ち上がり、わっふるとリンに近づく。
「良い勝負だった。リン殿。挑発の為とは言え、あんな事を言ってすまなかった」
「気にしないで。鈍くなっていたのは本当だしね」
「すまない。それにしても奇襲とは……将来、良い戦士になるかもしれんな。わっふる殿は」
「戦士って……瞬お兄ちゃん。私、女の子だよ?」
「戦士に性別など関係ないさ」
「そうなの?」
「そうなのだよ」




「……瞬は惜しかったね」
「本当に惜しかったな。娘っこを放置せずに先に仕留めておけば、瞬の勝ちだったろうに……」
「ケィ。スミレとエナは?」
『ん~、森に入って戦ってる。罵り合いながら』
「……そっちの決着はまだまだつきそうにないね」
『適当な所で介入して終わらせる?』
「ん~、鬱憤も溜まってたみたいだし、好きなだけやらせてあげよう」
『わかった』
 と、ルーが止まっていた木の枝から降りる。
「さてと、もう終わったみたいだし、俺は群に帰るよ」
「わかった。また、いつかね」
「年越したらまた会いに来るさ。今度は家族つれてな」
『……また大変なことになりそう』
 以前ルーが家族を連れてきたときの事を思いだしているのか、ケィの顔色が悪い。
「大丈夫だって。今度は群全員つれてくるわけじゃない。ほんの一部だけだよ」
「まぁ、期待せずに待ってるよ」
「おう。じゃあな!」
 言ってルーは飛び去る。
「さて、そろそろ家に入ろうか。寒くなってきたし」
『うん……』


 結局、スミレとエナは日が沈むまで雪合戦を続けていた。

「ヒーロー願望だなんて、ダサイのよ!」
「はん。ツンデレが何を言うか! 素直にマスターに甘えればいいだろう!」
「っさい! んなの恥ずかしくて出来るわけ無いでしょ!」

 以下略
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。