3スレ>>965


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「……キャタピーやビードルを見ても思ったんだけど、この子も見た目完全に赤ちゃんだよね」
「そうですね」
「こんな子たちを戦わせるなんて、私には無理」
「マスターには無理でしょうね」
「でも、見た目に騙されると私みたいな目にあうわ」
「まあ、マスターだけだと思いますよ?」
 
 ゴマゾウの遊び相手をしていた鼻血マスターが、お腹を押さえて、地面に倒れている。
 それをフシギバナは、呆れながら見ている。
 軽い気持ちで「ころがる」を使わせた少女が、ゴマゾウに体当たりをくらったのだ。
 転がるゴマゾウが可愛いくて、自分のもとへくるように言った少女の自業自得だ。

「いいパンチ持ってるわ、あの子。将来が楽しみ」
「パンチじゃないでしょうに。今後こんなことないように、説教したいんですが?」
「まだ、無理。もうちょっと待って」

 いいかんじに体当たりを喰らった少女が立ち直れるのは、三十分後のことだった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。