3スレ>>976


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主な登場人物 クロウ 主人公もえもんトレーナー 育て屋さん見習い
       レンカ クロウの弟今回とんでもない事をやらかす張本人
       フラウ フシギバナ・・・クロウの唯一無二のパートナー
              レーゼ ヒトカゲ・・・詳細は以下


ク「・・・ごめん・・・もう一度イッテみてくれないカナ?」
レ「あだだだだだごめんなさいごめんなさい、謝る!謝るからまずはこのアイアンクローをはずして下さい!」


 ことの始まりは、クロウが長旅の途中に久々に実家に帰った時におこった。


クロウ(以下ク)「ただいまー」
レンカ(以下レ)「あれ?兄貴だ、どうしたのいきなり帰ってきて、なにかやらかしたの?」
ク「近くに用があってな、ついでだから久々に帰ろうかなと思っただけだ。それに、こいつらも休ませてやりたいし」
腰につけていたベルトからボールを外し机の上に置く
ク「そうだ、フラウ出て来い」
そういって置いておいたボールの中から一人のもえもんを出す
フラウ(以下フ)「何でしょう、マスター」
ク「レンカ紹介するよ俺のパートナーのフラウだ」
フ「おや、マスターの弟君であらせられるか、初めましてフシギバナのフラウです」
レ「初めましてクロウの弟のレンカです」
ク「すまなかったな、フラウ戻っていいぞ」
フ「え?もう戻ってよろしいのですか?」
ク「あぁ、俺のパートナーだから家族に紹介しないといけないからな」
フ「マスター・・・」
二人がいい雰囲気になってると
レ「あのー、二人だけの空間作るのやめてくれないかな」
ク「あぁ、そうか、一人身の貴様には刺激が強すぎたか。戻れフラウ」
レ「うるさいなぁ、それで。しばらくゆっくりしてくの?」
ク「いや、ちょっと寄っただけだからな、明日には行こうと思う。育てなきゃいけない子もいるからな」
今回の帰郷は預かっていたもえもんの持ち主が近くに住んでいたということで引き渡し終えた後に寄ったという事のようだ
レ「ふぅん・・・そっか・・・まぁ、今日くらいはゆっくりしてけば?」
ク「あぁ、そうするよ」


 
 その夜

クロウの部屋で不穏な物音が
 ・・・ガサガサ・・・ゴソゴソ・・・


 翌日

クロウが起きたのは昼前だったという
ク「久々に実家に帰ったからか寝すぎた・・・まぁいい、そろそろ行くか」
身支度をしていると突然
フ「マスターーーー!」
ク「!?」
行き成りフラウがバタンとドアを開け入ってきた
ク「どうしたんだ行き成り」
フ「行き成りはこっちの台詞です!実家に帰ってきたのはこういうことだったんですね!弟さんにはパートナーだから紹介しなきゃ。
とか言っておきながらこんな・・・こんな仕打ちあんまりです・・・マスターの馬鹿あああぁぁぁ~~~~!」
と、言い残し部屋を飛び出してしまった
ク「え、ちょ・・・待て!俺が何をした!」
クロウが呆気にとられていると
レ「やべぇ・・・」
その言葉ろ聞き逃さなかったクロウは
ク「レンカ君、ちょっと来なさい」
レ「あ゛・・・やば・・・」

~~~~~~しばらくお待ちください~~~~~~

以下冒頭

ク「・・・ごめん・・・もう一度イッテみてくれないカナ?」
レ「あだだだだだごめんなさいごめんなさい、謝る!謝るからまずはこのアイアンクローをはずして下さい!」
ク「ってことはアレカ貴様!人のパートナーを断りもなく勝手に譲ったと!?」
 事の顛末はこうだ
久々に帰ってきた兄が嫁(?)を連れて来たので悔しくなり勝手に交換してしまったらしい
ク「なんてことしてくれたんだ貴様は!これからどうやって預かった子育てればいいんだよ」(メキメキ)
レ「ほ・・・ほら、だから・・・変わりに・・・この子・・・」
レンカが出したのは真新しいもえもんボール
ク「・・・中身は?」
レ「・・・・・・・・・・・・」
ク「・・・もう一度聞こう、中身は?」
レ「ヒトカゲ・・・です」
ク「・・・相手は誰だ」
レ「知らない子です・・・」
ク「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
レ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ク「もういい・・・貴様には失望した」
レ「御免なさい」
ク「謝るくらいならするな。ほらボール寄こせ」
レ「え・・・でも」
ク「いいから」
そうして渡されたボールからヒトカゲを出す
ヒトカゲ「は、ハヂメマシテよロシクおねがいシマスっ」
ク「そう緊張しなくていい、でお前、名前は?」
ヒトカゲ「ま、まだありません」
ク「そうか・・・、じゃあお前はこれからレーゼだ解ったな?」
レーゼ(以下レ)「はい!解りました・・・あの、一ついいですかっ?」
ク「何だ?」
レ「あの、私は貴方の事を何とお呼びすればよろしいのでしょうかっ」
ク「・・・そうだな・・・マスター以外なら何でもいい」
レ「マスター以外ですか・・・解りましたご主人様っ」
ク「これからよろしくな・・・レーゼ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。