4スレ>>99


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  電灯の落とされた暗い部屋に、着流し姿のもえもんが一人、窓辺に腰掛けている。
 手には杯、床に酒瓶。満月を肴に、ゆっくりと酒宴を楽しんでいる。
 満月の柔らかな光に照らされたもえもんは、じっとしていると芸術品と言っていいほどの美麗さを醸し出す。
 白の長髪は、月明かりで煌いて銀糸へとかわる。一房だけある黒髪だけは、光を反射せず、漆黒の輝きを見せている。
 紅玉の瞳は何を思うのか、誰にもその感情を読み取らせることなく、静かに夜空をみつめる。
 時おり、くいっと杯を傾けるだけで、ほかには何も動くものなどない静寂の空間に、誰かがやってくる。
 その気配に、気づいていても気にすることなくもえもんは、一人の酒宴を続ける。

「……アブソル、ここにいたんだ」
 
 カチャリと小さな音を立てて、開いたドアの向こうにいたのはアブソルのトレーナー。
 少しアブソルに見惚れた少年は、顔を赤くしたまま声をかける。

「なんのようだい、坊主」

 目は外に向けたままアブソルは、自らの主人に問う。
 それを少年は気にせず、アブソルに近寄っていく。電気をつけなかったのは、この光景がなくなるのがもったいなかったからなのか。

「リーグ挑戦激励会の途中でいなくなっただろ? どうしたのかと思って」
「十分楽しんだからね、一人でゆっくりしたくなったのさ」
「そうなんだ……少しお邪魔していい?」
「いいぜ」

 再び杯を傾ける。
 こくりと艶かしく動く白い喉に、少年は見惚れる。それに気づいて、ついっと目をそらす。
 少年とアブソルの付き合いは古い。カントーとは違う地域から流れてきたアブソルに、七年前出会ったのが付き合いの始まり。
 仲間の中で、付き合いが一番長いが、いまだにアブソルのこういった雰囲気に少年が慣れることはない。
 いや、こういった色気がわかるようになって、接し方がわからなくなっているのだろう。
 そんな若い反応を見せる少年をアブソルは、面白がっていた。今も、クスリと少年に見えないように笑っている。

「お酒って美味しい?」

 少年は照れ隠しに話しかける。

「美味い。興味あるなら、飲んでみるか?」
「いいの?」
「少しだけならな」

 そうういって手に持った杯を、少年に渡す。
 受け取った杯を口に持っていき、くいっと傾け一瞬止まって、アブソルに返す。
 顔が赤いのは、酔ったからではないだろう。初めて飲んだとはいえ、酔うほどの量は飲んでいない。
 アブソルが飲んでいたところと同じ箇所で飲んだと、気づいたからだ。

「どうだ?」
「喉が熱くなるだけで、あまり美味しくは感じない」
「まだまだ子供だな」

 杯に酒をなみなみと注いで、いっきに傾けた。
 くはぁと熱い吐息が漏れる。
 美味しそうに飲むアブソルを、若干羨ましそうに少年は見る。

「そんなに美味しいなら、いっきに飲むのはもったいないんじゃ?」
「酒は、ちびりちびり味わいながら飲むか、水のようにごくごく飲むかだ。
 だから、いっきに飲むのも間違っちゃないんだよ」
「へー、俺もそんなふうに飲めるようになるのかな?」
「坊主が飲めるようになったら、またこうやって一緒に飲むか」
「うん」
「酒の味がわかるようになるのは、当分先だろうけどな」
「すぐにわかるようになる」

 少し急いた感じで少年が答える。

「急がなくていい。私は逃げやしないから、ゆっくりと成長していけ。
 急いだっていいことはないぞ」

 アブソルが諭すように言う。
 それと同じタイミングで、部屋の外から少年を呼ぶ声がする。

「ほら、あいつらが呼んでる。行ってやりな」
「アブソルは?」
「私はまだここで飲んでるよ。
 満月が綺麗過ぎて、離れるには惜しいからな」

 ドアノブに手をかけた少年に、付け加えるように声をかける。

「激励のプレゼントはあげたんだ、明日から頑張れよ」
「何かもらったっけ?」
「間接キス」

 不思議そうだった少年の顔が、瞬時に真っ赤になる。

「いやっあれはって気づいて!?」
「わざとそうなるように渡したからな」
 
 くくっと笑うアブソルを、情けない表情で少年は見返す。
 何も言い返すことなく、少年は部屋を出る。

「可愛いねぇ」

 楽しそうに笑い、杯を傾ける。

「ああいった反応が見られるうちは、一緒に酒は飲めないか?
 ふふ、あの坊主が、どんなふうに大きくなるのか楽しみだ」

 満月に加えて、少年の成長を楽しむということを酒の肴に、さらに杯を傾ける。
 本当に楽しそうな顔のアブソルを見ていたのは、満月だけ。
 そんな満月に、アブソルはもう一つの杯を用意して、酒を注ぐ。
 乾杯と当てられた杯は、リーンと涼やかな音を響かせた。
 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。