4スレ>>276


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ふぅ。この辺の萌えもんのデータは大体取れたかな」
萌えもん図鑑を見て、確認する。
「あら、もう終わったの?」
「うん。まだわかんないけど…一回休憩かな」
「じゃあ向こうの川で泳いでこようかしら」
「べつにかまわないよ。行っておいで、カメックス」
「なにいってんのよ。マスターも来るの!」
「ええ~。しょうがな…『いやああああああああああ!!』」
「今のって…」
「カメックス、一回ボールに戻って!ピジョット!飛んで!」
悲鳴が聞こえたのは……西側か!
「西側に急いで!」
「わかってるよ!」

「これは……」
「うっ…ひどいことするね…」
そこにいたのはザングースが2人。
どっちもひどく血がでている。
「…!マスター!この子達まだ生きてる!」
「何だって?!でもここからだと…いやまずは止血だ!ピジョット、カメックス手伝って!」
「わかってるわよ!」「これ使っていいかい?」
止血したあとその2人をボールにいれて、萌えもんセンターまで飛ぶ。
その後の治療でなんとか助かったけど、かなりぎりぎりだったらしい。

2人が倒れてるのを見かけてから2日後のこと…
「う…ここは…?」
「あ、気がついたみたいだね」
「あれ…俺…生きて…る…」
「うん。ちゃんと生きてるよ。そっちの小さい娘も」
「チビも無事だったのか…。よかった…」
「君らが無事でよかったよ。とりあえず…」
「そうだ!あいつがいねえ!おいあんた!もう1人は!?もう1人ザングースが居ただろう!?」
「ちょっと落ち着いて。僕が来たときには君ら2人しか居なかったよ」
「な…!そんなはずはねぇ!俺たちは3人だったんだ!あいつだけ居なかったなんてことあるわけ…」
ばしゃん!とザングースの顔に水がかかる。
「男のくせにだらしないわねぇ。少し頭を冷やしなさい」
「カメックス。相手は怪我人だからね?とりあえず、そのときの状況を教えてくれないかな?」
ザングースはそのときの様子を事細かに説明した。
説明してる間に落ち着きを取り戻したのか、最初は怒鳴っていたのが落ち着いてきたようだ。
「なるほど…。じゃあ君はそいつに連れてかれたと思ってるんだね?」
「そうじゃなきゃほかに何があるんだよ」
「う~ん。情けをかけてもらって助かった…とか?」
「それこそないだろ。あいつは確実に殺す目をしてたぜ」
「そうなのかい?」
「絶対そうだ」
「だったら僕たちと一緒にこないかい?」
「は?なにいってんだ?」
「さっき言いそびれたけど君ら2人とも僕が捕まえたことになってるんだよね」
「な!?そんなこと聞いてないぞ!?」
「しょうがないじゃない。マスターが言おうとしたらあんたが怒鳴ってたんだから」
「ぐ…。そういうことなら仕方ないか…」
「どうする?僕たちとくるかい?それとももと居たところに帰るかい?」
「…あたしは行きます」
「チビ!?起きてたのか?」
「あれだけうるさかったら起きますよぅ」
うんうんとうなずくカメックス。君もさわがしかったよ?
「しょうがねえ。チビを1人にするのもかわいそうだからな、ついてってやるよ。ただし…」
「うん。ちゃんともう1人のザングースをさがすよ。これからよろしくね。
「ああ、こっちこそな」

「ところでさ」
「どうしたんだい。カメックス」
「『どうする?』ってやつ。もしかして…」
「だれかさんのがうつったみたいだね。彼は元気かな…」
「元気なんじゃない?カラカラたちもさ」
「うん。そうだといいね」


 ~後書き~

ザングースの兄さんたちがかわいそう過ぎて思わず書いた。
途中、今までになく読みづらいと思うんだorz
次は見やすいようにしようと思う。
じゃあ、今回はこれで~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。