4スレ>>296


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 そこはどこかの"元″草原。
 今は、荒れ果てて、草はほとんど燃え尽き、むき出しの地面も、抉れや、ぬかるみ、黒く焦げたあとが目立つ。
 その地に立っているのは、四人。ギャロップ、ジュゴン、チコリータ、そして鼻血マスター。
 少し離れた場所には、フシギバナ、フーディン、レアコイルが傷つき倒れ伏している。
 胸が上下しているのが見えるので、気絶しているだけなのだろう。
 ギャロップとジュゴンも傷ついているが、そんなことは気にせず、互いを睨むように対峙している。
 傷ついているのは、仲間同士で戦ったからだ。そして、生き残ったのがこの二人。
 チコリータと少女は戦いに加わることなく、離れた場所でその様子を見ていた。
 何度も止めようと声をかけた少女だが、聞き入れられることはなく、今はただ暗い表情で見るだけになっていた。
 チコリータは、そんな少女を慰めるように、ギュッと抱きついている。

「残ったのは、あたいとあんただけ」
 ギャロップが口を開く。
「諦めるのなら今のうちですわよ? 不利なのはそちらなのですから」
 ジュゴンがそれに応える。
「相性なんて不利は、今まで何度も乗り越えてきた!」
「今回も乗り越えられるとは、かぎらないでしょう?」
「いーやっ越えてみせるさ!」
 その返答は、そうなのだと確信させるほどに、自信が満ち溢れていた。
「強気なこと」
 ジュゴンは、手で口元を隠し、嘲笑うようにクスリと笑う。
「その気にいらねえ笑みを、すぐに変えてやる!」
「あなたにできるかしら?
 口ばっかり動かさないで、そろそろ始めましょうよ。
 負けを怖がって、結果がくるのを引き伸ばすのは、みっともないですわよ?」
 嘲り笑ったままのジュゴン。
「言ってろ、どうせ勝つのはあたいだ!」
「どれだけいきがろうと、勝つのはわたくしです」
 最後の部分だけ同じことを言い、勝負は始まった。

 互いに仕掛けるタイミングを計り、じっとその場に立つ。
 そのまま数分経ち、先に動いたのは、ギャロップ。
「でんこうせっか!」
 人間には見切れぬ速度で、ジュゴンに迫る。
 一瞬と言ってほどの僅かな時間で、ジュゴンとの距離を詰めたギャロップは、その勢いのままぶつかっていく。
「さすがに速いですが、速いだけっ」
 もとより先制は覚悟していたジュゴンは、その場で防御姿勢をとり、ギャロップの攻撃に耐える。
 ぶつかりあい、そしてできた一瞬の空白に、
「ずつき!」
 ギャロップの顔面めがけ、ずつきをはなつ。
 これをまともに喰らったギャロップは、わずかに後退するも、すぐに体勢を整える。
 その間にジュゴンは、次の技を準備し終えている。
「なみのり!」
 弱点である水の技にギャロップは、すぐに防御の姿勢をとり、耐えようとする。その際に、おもわず目を瞑ってしまった。
 水の衝撃がこないことを不審に思い、目を開けたギャロップの目に映ったのは、接近して再びずつきの体勢に入っているジュゴン。
 技の名前をフェイントに使ったのだ。
「ぐあっ」
 額にまともに受けた衝撃に、思わずギャロップは呻きを漏らす。体勢も完全に崩れている。
「れいとうビーム」
 さらにジュゴンが攻める。狙ったのは、ギャロップではなく、ギャロップの足元。
 足場を凍らせて、ギャロップの速さを封じる作戦だ。ついでに、足が凍り付いて移動不能になれば、儲けものだった。
 ジュゴンの狙い通りにはいかず、ギャロップはとびはねるを使い、空中へと逃げていた。
 れいとうビームは避けることができたが、その技を使ったのは失敗だろう。
 空中で、自在に動くことのできないギャロップは、いい的だ。
「あら? わざわざ小細工仕掛けなくても、そんな逃げ場のない場所へ言ってくれるなんてね。技の選択ミスですわよ?」
 そう言ってジュゴンは、今度こそなみのりを準備する。
 その慢心がまずかったのだろう、なみのりの発動が遅れてしまう。
 一秒にも満たない差で、先にギャロップの体重をかけた蹴りが、ジュゴンの肩へと叩きつけられる。
 重い衝撃を受け地面に叩きつけられながらも、なみのりは中断されることなく発動する。
 着地後で、防御などできないギャロップは波にさらわれ、地面へと叩きつけられた。
 二人が倒れたまま数秒が経つ。ダブルKOかと思われたが、二人は立ち上がる。
 息は荒く、足元もおぼつかない状態だが、まだ続けれると二人の目が語っている。
 そして、互いに体力がギリギリで、次の一撃が最後だともわかっている。
 会話する体力も惜しんで、今できる最大の攻撃をはなとうと、二人は集中し始める。
「だいもんじ!」
 でんこうせっかを使えば、先制してジュゴンを倒すことができただろう。
 だが今のギャロップには、動きまわるだけの体力が足りない。
 でんこうせっかでの攻撃は、ジュゴンにとどく前に効果を失うと、ギャロップにはわかっていた。
 だから、自身最大の攻撃で、唯一の遠距離攻撃であるだいもんじに賭けた。
「なみのり!」
 ジュゴンは簡単な理由だ。相手の弱点である技に望みを託しただけだ。
 動き回る体力がないのは、ギャロップと同じだが、こちらはわざわざ近づかなくとも、有利な技がある。
 体力、気力を注ぎ込んで、二人は技をはなつ!
 炎と水がぶつかりあうっ……ことはなかった。
 炎だけが現れて、ジュゴンへと突き進み、ぶつかる。
 耐性を持っていても、ジュゴンのわずかな体力を削るには十分だったようで、ゆっくりとジュゴンが地面に倒れていく。
 そのときの表情は、髪に隠れて見えなかった。
 なみのりが発動しなかったのは、ジュゴンの体力不足ではない。なみのり一回使う程度には、残されていた。
 ならばなぜか? 
 それは、とびはねるの攻撃が原因だ。あの攻撃で受けた衝撃が、痺れとなってジュゴンの体に残っていた。
 痺れが、技の発動を阻害した。慢心が勝負の結果にまで、影響を及ぼしたのだった。

「勝った!」
 勝者であるギャロップは、ふらふらで立っているのがやっとの状態でも、嬉しそうに笑う。
 その表情のまま、よろよろと傍観していた二人へと近づいていく。
「さあ、残ったケーキはあたいのものだ」
 同士討ちの原因は、残ったおやつだった。
 ただのおやつならば、ここまで大事になることはない。
 今回は、運よく手に入った有名店の、限定チョコケーキだったのだ。
 そんなことならば、ジャンケンで決めろと言いたくなるが、それをやってあいこが続いた。
 レアコイルたちがグーチョキパーを全部だしたから、決着がつかなかった。
 だんだんとヒートアップしていって、同士討ちにまで発展したのだった。
 まあ、そのケーキも、
「ないよ。戦いの余波で吹っ飛んだ」
 というわけだが。
「何度も、そう言っていたのに、集中して聞かないんだもの」
 少女の言葉をギャロップは聞いていない。いや聞こえていないと言うべきか。
 いままでの苦労が水の泡で、燃え尽きた。
 煤けた感じで倒れたギャロップを、少女は傷薬を使ってから、もえもんボールへと戻す。
 ほかも仲間も、げんきのかけらを使ってから戻してく。
 皆、戦闘の疲れからか、すやすやと熟睡している。
「まったく、気持ちはわからなくもないけど、やりすぎ!」
「先輩たち、すごかった」
 実力不足で参加を諦めたチコリータが、憧れを含んだ声で言う。
「もしかすると、いままでの戦いで、一番真剣だったのかもしれないわ」
 それほど、甘いものへと執念がすごかったということか。
 勝者なき戦いに見える今回の出来事だが、ちゃんと勝者はいる。
 それは、残りのケーキを二人でわけた、少女とチコリータだ。
 何度もやめさせようと声をかけた少女が、無視されたことに機嫌を悪くして、食べたのだった。
 機嫌悪くケーキを分け合うことに気づかず、戦いを続けるもえもんたちの光景は、なかなかにシュールなものがあった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。