5スレ>>27


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

わたしはルージュラ、こおりエスパーの萌えもん
身長140cm、体重は4・・39.6kg!
趣味は踊り、夢は素敵な雄萌えもんと添い遂げること

わたし達の種族には雄が居ない
なので子孫を残そうと思ったら、他のひとがた萌えもんと結ばれる必要があるのだ



ある日、わたしのマスターであるおじいさんが日課の釣りに行くというので着いて行くことにした
なんでもニョロゾが欲しくて欲しくてたまらないらしい
ニョロゾはあんまり好みじゃないのよねぇ・・・内臓透けてるし・・・

近くの池に向かう途中、通りかかった草むらで雄のケーシィに出会ったの
同じひとがた萌えもんだし、おじいさんもケーシィも戦う意思なんてないし、ってことで
おじいさんの釣りを見学しながら色々お話してたの

そのうちお互いの萌えもんの話になってきて
聞けばケーシィは雄の数が多くてフリーな雌ケーシィを探すのも大変だって言うじゃない
こりゃラッキー☆って思ったわよ
この子ケーシィとしてはどうなのかは知らないけど
わたしの好みとしては十分OK!
ちょっと眠そうにしてて、ぽやぽやーとしてる感じが母性本能を擽ってきてたまらない
早速、おねぇさんっぽく誘惑してあげてら真っ赤になっちゃって、これがまたかわいいのよ!

「ねぇ・・・キス、ってしたことある?」
「えっ・・・?あの・・・その・・・・・・な、ないです・・・」
「じゃあ、おねえさんと・・・してみよっか?」
「ああああ、あの・・・はい、ど、どうぞ・・・」
「ふふっ・・・目を閉じちゃダーメ、しっかりとわたしの目を見て」
「は、はい・・・・・・って、うわああああああああああっっっっっ!!!!(ヒュンッ)」

あっと言う間もなくテレポートで逃げちゃった
ここまできて逃げるって失礼だと思わない?



あれから何度かおじいさんの釣りついでに探しに来てるんだけど
結局あれ以来、あの子とは出会うことはなかった
はぁ・・・わたしって良縁に恵まれてないのかなぁ






----------------------------------------
補足
あくまのキッス
おそろしい かおで むりやり キスを して あいてを ねむりの じょうたいに する。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。