5スレ>>103(4)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ハイツェン腕より騒動記

 1話


 山と海にはさまれた町がある。人口七千人ほどの小さくもなく、大きくもない町。
 そこは、人と萌えもんが入り混じって住む町。人と同じように萌えもんも、家を持ち、職を持つ。
 この町は、今から三百年ほど前にできた町。一人のトレーナーとその仲間の萌えもんたちによって作られた町。
 陸の孤島と言ってもいい町だが、暮らしていくうえでの施設などはそろっていて、町を出ずとも暮らしていける。
 ほかにも春と秋が短いという特徴はあるが、住みやすく安心して笑って暮らせる町だ。
 町の名前はシキタウン。町を作ったトレーナーのパートナーから取ってつけられた名前だ。
 そんな町の「ハイツェン」という喫茶店が物語の舞台。


「今日は暇ですねぇ」
「そうだなぁ」
 本来ならば客の座る席に、二十手前の男の店主と、店主より少し年上な男のマッスグマのコックが座っている。
 二人の言葉通り、普段ならば二、三人はいる客も、今日に限っては誰一人いない。
 午前中はそこそこ来ていた客は、昼を過ぎるとパッタリ途絶えた。
 この店の人気がないというわけではない。ただ、たまたま客が来ず暇になっただけだ。
 食器洗いや砂糖などの補充、ちょっとした掃除はすでにやってあって、やることがなくなった。
「店長、スグさん、お茶入れましたよ」
「あ~ありがとうマールさん」
 店の奥から出てきたコック姿の女のマリルリが、トレイに乗せたティーカップを置いていく。お茶請けは彼女の作ったクッキーだ。
「ふむ、腕を上げたなマール」
 クッキーを食べたスグが、感心してマールを褒める。
「ありがとうございます」
 答えるマールの口調はそっけないものだが、その顔は赤く染まっている。褒められて嬉しいのだろう。
「わかりやすいよね、マールさん」
「そうだな。クールを装っているけど、表情に表れやすいからな」
「ほっといてください」
 今度は羞恥に顔を赤く染めて、二人から顔を背ける。
 男性二人がマールに謝っていると、ドアが開く。
 客かと三人とも席を立とうとして止まった。
「ただいま~」
「おかえりなさい、リサちゃん」
 店に入ってきたのは、お使いに行っていたバイトのウェイトレス。女のリザードで、この中では一番若い。
 マールは店長と同じくらいの年で、この店のデザートを担当してる。
 この四人で喫茶店は切り盛りされている。
「あー! 三人だけでおやつ食べてるっ私の分は~?」
「まだ余ってるから、勝手に食べればいいじゃないか」
 店長はクッキーの載った皿を、リサに差し出す。
「いただきまーす。
 ……これマールさんが作ったの?」
 いくつか食べてリサがマールに聞く。
「そうだけど……なにかおかしなところでもあった?」
「いやいや、美味しいです。ただ、以前食べたスグさんのクッキーとは味が違うなーって」
「それは当たり前だろう、俺には俺の味、マールにはマールの味があるんだから」
「わかってるよぅ。思ったことを聞いただけじゃない。それに好きだよこの味」
「ありがとう。お茶はどうする? 私が入れる? それとも店長に入れてもらう?」
「そうだね……ケイタで」
「バイト中は店長って呼べって。働いて給料もらってんだから、そのくらいのけじめはつけとけ」
 店長、ケイタが紅茶の準備をしながら言う。
「ごめん。わかってはいるんだけどね」
 頬をかきながら謝るリサを、しょうがないなといった表情でケイタは見ている。
 蒸らし終え、最後の一滴まできちんと入れた紅茶をリサに渡す。それをリサは何もいれずに飲む。
「うん、やっぱり飲料系は美味しいね」
「それが一番得意だからな」
 誇らず当たり前といった顔のケイタ。
 料理はスグ、飲料はケイタ、最近になってデザートはマール、接客はリサという役割分担ができている。まあ、接客はケイタもするのだが。
 これは最近できた役割分担だ。少し前までは、料理とデザートをスグとマールが一緒に担当していた。スグがデザートをマールに任せてもいいと認めたため、役割がわかれた。
「全員そろったところで、ちょっと相談があるんだ」
 ケイタに視線が集まる。
「相談?」
 三人を代表して、スグが聞き返す。
「うん、バイトをもう一人雇おっかなと」
「ちょっと待ってね」
 事務を兼ねているリサが、新しく雇う余裕があるか頭の中で計算している。
「一人くらいなら雇えるね。でもなんで? いまでも十分店はまわってるよ?」
「いや、一人抜けると途端に苦しくなる現状はどうかと思って」
「たしかに急用で休みとかって苦しかったですね。今までバイトを雇おうと考えなかったのが不思議です」
 マールは以前経験した忙しさを思い出して、苦い表情になる。
 そのとき休んだスグが居づらそうにして、立ち上がり席を離れる。
「どこに行くんです?」
「いやタバコを吸おうかと」
 換気扇のそばで、タバコを取り出し火をつけるスグ。なんらかのこだわりがあるのか、ライターではなくマッチだ。
 吐き出された煙は換気扇へと流れていく。それを見てケイタが聞く。
「以前から思ってたんですけど、タバコって美味しいんですか?」
「美味しいっていうか、吸うと落ち着くんだ」
「俺も吸ってみたいんですけど、一本もらえません?」
 以前から興味のあったケイタは、スグにそう言ってみる。
 だがそれは、リサとマールに止められた。
「これ以上煙たくなるのは嫌よ」
「体にも悪いから、やめておいたほうがいいです。スグさんも」
「俺はやめないが、店長が吸うのは賛成せんな。前店長にお前のことを頼まれてるから、体に悪いことはさせられん」
 スグも止める。
 ケイタのことをスグに頼んだ前店長、ケイタの両親は二年前から仕事で各地を飛び回っている。そのときからケイタは店長をやっている。
「残念。でもスグさん、そういうことなら俺の目の前で吸わないで欲しかった。何度も吸われてると、興味が出ますよ」
「そういえば、そうだな。すまん、今度から気をつける」
 本当に今度からのようで、今は吸うのをやめない。
「スグさんはどこか抜けてるんですよね」
「だよねー」
 その自覚はあるのか、女二人の会話に苦笑で返す。
「話を戻して、一人抜けても大丈夫なように新しく雇いたい。それで誰かいい人知らない?」
 張り紙をはって募集する前に、知り合いを当たるらしい。
 三人は考え込むが、思い当たることはなかったようだ。
「そっか、じゃあ張り紙をはっとこか」
「ですねぇ。条件はどうします? できるだけ幅広くこなせるような人がほしいと思いますけど」
「普段はウェイトレスかウェイターで、いざとなったら調理場に行けるような?」
「そうそう。飲み物はできないでもいいです。店長が休みの時は、店も休みでしょうから」
「じゃあ、そう書いておこう。時給は八百円くらい?」
「もうちょっと下でも……いや複数こなすことがあるからそれくらいが妥当かな。
 そっかバイト仲間が増えるんだ~ちょっと楽しみ」
 それを聞いてマールが首を傾げる。
「リサちゃんってバイトだったの? 私たちと同じように働いているから、正社員かと」
「私はバイトだよ、ね?」
 リサがケイタに同意を求める。ケイタは今の会話を聞いて、ちょっと驚いている。
 今の会話に、驚くようなところはどこにもないはず。ケイタは何に驚いているのか。
「そっかバイトだっけ、忘れてた」
 店長が自分の店のことを把握してなかったらしい。
「給料、俺たちと同じ分だけ渡してた」
「急に給料増えたの昇給じゃなくて、勘違い?」
 働き始めて一年を過ぎた頃、給料が上がって嬉しかったのを思い出すリサ。あの感動を返せと言いたい気分だった。
「正社員でいいよな? いやならバイトのままでもいいけど」
「正社員がいい。でもそんなに軽く決めていいものなの?」
 軽くて不安が湧いてくる。
「反対意見のある人……誰もなし、よってリサを正社員へと迎え入れます」
 ならばとケイタは、少しだけ堅苦しく言ってみる。軽く決めたあとなので、厳かさは全くない。
 パチパチと、ケイタ、マール、スグから祝いの拍手が贈られる。
 怒るようなことでもないし、そういった気分でもないので、もういいやと流すことにしたリサ。むしろ就職できて儲けものと考えることにした。
「お客のいない今のうちに張り紙作っとこ」
 ケイタは立ち上がり、レジの下から紙とマジックペンを取り出す。
 そして、さあ書こうかというときに、
「ちょっと待った」
 静かだったスグによって止められた。
「追加条件でもあります?」
「もしかしたら妹がバイトにこれる……かも」
 スグは自信なさげに言う。たしか最近バイトを止めたと言っていたはず、と思い出したが聞き流していたので自信がなかった。それにもう別のバイトをみつけているかもしれないので、どうだったか思い出そうとしていたのだ。結局は思い出せなかったが。
「ちょっと電話かしてくれ、聞いてみる」
「どうぞ」
 スグは店の奥、ケイタの住む家に入っていく。何度も上がったことがあるので、電話がどこにあるのか知っている。
「スグさんに妹がいたんだ」
「知りませんでした」
「俺は聞いたことある。ヨーギラスの頃は可愛かったって懐かしそうに言ってたよ」
 ケイタとスグの付き合いは九年になる。その間に、家族のことを聞いててもおかしくはない。
 ケイタとそれぞれの付き合いは、マールとは四年、リサとは二年だ。
「今はサナギラスですか?」
「進化したって聞いてないから、たぶんそう」
「ほかに家族は?」
「バンギラスの母親とマッスグマの父親と妹の四人家族だってさ。稀に起こる夫婦喧嘩の際に、破壊光線を打ち合うのが悩み事だって。そのせいで得意技はまもるだとか」
「なるほど」
「スグさんのことになると真剣ですね~」
 ニヤニヤと笑い顔のリサ。ケイタも似たようなものだ。
「そ、そんなことはありませんっ。ただ同僚のことを知っておくのも……そのですね……えっと……」
 冷静に返そうとしたマールだが、上手くいかずごにょごにょと声が小さくなっていく。
 面白いのでさらにいじってみようと口を開きかけたところで、スグが戻ってくる。
「大丈夫だとよってどうしたんだ?」
「な、なんでもないですっ」
「うん、なんでもない」
「そうそう」
 顔を赤くしたマールと笑い顔の二人、この図を見てなんでもないと言っても、たいして説得力はない。
 だがスグはそのとおりに受け取った。
「ならいいけど。妹、キラっていうんだけど、明日から入れるってさ」
「その人は幅広くできる人?」
 さっきの条件に当てはまるかケイタが聞く。
「家じゃ料理手伝ってるし、接客は前のバイトでやってたっぽいぞ」
「それなら大丈夫そうだ。あっお客さんが来た!」
 ドアに手をかけた人にケイタが気づく。
 それを聞いて全員リラックスモードから、商売モードへと頭を切り替える。
 カララーンと小さな鐘がなり、ドアが開く。
「いらっしゃいませ!」
 リサが元気に客を出迎え、スグとマールは調理場へと戻る。
 店長のケイタはカウンターに入って、客へと笑顔を向けた。意味なくグラスを磨きながら。テレビ番組に出演した喫茶店のマスターがやっていたので、こうすることが当たり前だと思い込んでいるのだった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。