『すとらいくさんとゆびわ』(1スレ561)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「前回、前々回に引き続き、以下省略。」

「そうか、そんなに斬られたいのじゃな?」

「いえ、今回は真面目にいこうと思いますから、鎌を首に当てるのはやめましょう。」

「信用できぬ。」

「うわっ、ひでぇ。まぁ、とにかく前回も言ったんだけど、
 今回もアクセサリーという結論に達しました。」

「芸がないな。」

「前回は結局メイド服になったし、ノーカウントってことで。」

「ふむ。で、あくせさりーはなんじゃ?かんざしか?」

「だから、古風すぎだ。というか、二度ネタは禁止だ。」

「む、すまぬ。」

「うん、次から気をつけてくれ。というわけで、今回はこちらを準備しました。」

つ 指輪

「・・・どう付けろと?」

「・・・気合?」

「うむ、喧嘩を売っておるのじゃな?さぁ、首を出せ。」

「ごめん、冗談。だから、すり足で距離を詰めるな、構えるな。」

「ならば、最初からちゃんと言え、馬鹿者。で、どうつけるのじゃ?」

「ほら、こーやって鎖に通しちゃえば、首から下げれるだろ?」

「なるほど・・・。しかし、指輪、か。」

「気に入らなかったか?」

「いや、私がもらっていいのかと思ってな。」

「何でさ?」

「指輪と言うものは、一番好いている者に渡すのであろう?」

「うん、そうだな。」

「ならば、私に渡すのは筋違いじゃ。ロコンのことが好きなんじゃろう?」

「いや、俺、ストライクが一番好きだから。」

「うむ、だから、ロコンに・・・・は?」

「いや、だからね、俺はストライクが好きなの。」

「ぃ、ぃ、い、いきなり何を言い出すのだ!」

「だって本当のことだし。」

「ろ、ロコンのことはどうなんじゃ、
 普段あんなに一緒におるのに好きじゃないと言うのか?」

「好きだけど、ロコンは妹みたいな感じだからな。」

「む、ぬぅ。」

「あのさ、ストライク。」

「な、なんじゃ。」

「そのさ、俺から指輪もらうの、嫌だったか?」

「い、いや、そんなこと、別に、ない、ような・・・」

「俺は、お前とずっと居たいと思ってる。好きなんだ。」

「ぇ、あ。」

「ダメか?」

「わ、私も!お前となら・・・」



―――――――――――――



「おーい、おきろー、おきてくださーい、すとらいくさーん。」

「んー・・・・」

「朝ですよー、そろそろご飯の時間ですよー。」

「んーん・・・」

「いい加減に起きんかい!」

主人公のからてチョップ!

「あたっ!?」

きゅうしょにあたった!

「ぬ、な、なんじゃ!?」

「やぁーっと起きた。ほら、みんな待ってるからさっさと行くぞ?」

「・・・え?」

「おいおい、大丈夫か?」

「・・・さっきのは、全部、ゆ、め?」

「お、おい、本当に大丈夫か?顔真っ赤になってるぞ?」

「・・・・・」

「え、なんだって?」

「しねぇぇぇぇぇええええええええ!!!」

「え、ちょ、まっ、ぎにゃああああああああああああ!!!」


5分後、ポケモンセンターの2階で細切れにされそうになっているマスターと、
真っ赤になってマスターを追いかけているストライクさんが発見されました。 byロコン


おまけ


「なぁ、今回、俺何にも悪いことしてなくね?」

「いえ、ますたーがぜんぶわるいです。」

「貴方が全部悪いわね。」

「主殿が全部悪い。」

「なんでだよ・・・」

そのときのますたーは、それはみごとなorzっぷりでした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。