1スレ>>727


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「まったくますたーは、いつもいつも。」

ストライクさんに追いかけられているマスターを見つめて、ため息を漏らす。
ストライクさんと妙な話し合いをして、暴走、
反撃をもらうという、もはや様式美の域まで達した日常の光景。
それを少しだけ、ほんの少しだけうらやましいと思ってしまう。
きっと今、彼の頭の中はストライクのことでいっぱいだろう。
例えそれが、彼女からどうやって逃げるかということであっても。

マスターと旅に出て気付いたことがある。
それは、私がとても嫉妬深いということ。
新しい萌えもんを見るたびに、飛びついていったり、
フリーザーさんやリーフィアさん、ストライクさんと喋ってたり。
そんなマスターを見るたびに、私だけを見ていて欲しいという気持ちが生まれる。
もちろん、新しい仲間が増えるのは嬉しいし、
マスターと他の方が仲良くなってるのも嬉しく思う。
ただ、それでもどこかで私だけを、と思ってしまう。
醜い独占欲、他人が聞いたらそう思うだろう。
私自身、そう思っている。
そんな矛盾がせめぎあい、結局結論が出ないままモヤモヤした気持ちだけが残る。
それを吐き出すように、もう一回ため息を吐き、

「どうした、ロコン?」

マスターが目の前に立っているのに気付いた。

「え、え?え、いや、なんでもないですよ、なんでも。」

「・・・ほんとか、それ?」

「ぇええええ、ほんとうですとも!」

「・・・まぁ、いいや。」

そう言って、マスターは私に背を向けた。
(あーびっくりしました、突然目の前に現れるんですもの。)
そう思いつつ、ふぅと息を吐く。
と、背を向けていたマスターが肩越しにこちらを見て、

「なぁ、ロコン。なんかあったらすぐ言えよ。聞くくらいしかできないけどさ、
 お前は俺の大切な仲間なんだから。」

そう言った。
あぁ、もう、全く、敵いませんね。
普段はおかしなことばっかりやってるくせに、たまにかっこよくなるんですから。
私は立ち上がり、マスターの背中へと飛びつく。

「ぉ、おい!」

「さぁ、いきましょう、ますたー。みなさんまってますよー」

これからもきっと、私は矛盾を抱えたままでしょう。
それでも、この人がいるなら、私は十分幸せになれると、そう思います。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。