5スレ>>442


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男は、夢を見ました。


まっさらで、静かな、小さな場所。

赤い髪の少女が一人、ポツンと立っていました。
男もまたポツン、と立っていました。

―男に向けられた少女の眼は、ピクリとも動きません。
瞬きすら、ないのです。

それが、ずっと、ずっと、ずうっと・・・・
少女はやっぱり、瞬きもしないで男を見つめているのです―




―時間の感覚が消え去る頃に、少女は口を小さく、でも始めて、開きました。

「また、会いましょうね。今度は、そっちで・・・」

少女は優しく、小さく、微笑みました。
そこで始めて男は、自分の体が足元から薄くなっているのを知ったのです。


おしまい。









もう、夜でもシャツ一枚で普通に出歩ける季節になった。

小さな月が夜空にぽつねんと浮かび、下界を煌々と青白く、淡く浮かび上がらせる。
一点の曇りもない空は、月とその取り巻きの小さな星星をハッキリと映し出し、
森羅万象の元である宇宙をダイレクトに見せてくれる。



ま、そんな、俺にとっちゃちと壮大過ぎる宇宙に思いを馳せながら、取りあえず歩いてる。
要は、散歩だ。ジャージの裾を、サンダルの裏を擦らせながらの散歩。
だらしないことこの上ないな。

田舎だから、家よりも田圃の方が多い。眺めを阻害するものなど、何一つない。
俺一人で悠々と、月を眺めながらブラリと家の周りを歩く。

"普段"なら。



「・・・綺麗、ですね」


―ああ―


そう、"コイツ"が居る。
ジャージの裾を引き摺りながら歩く俺とは対照的に、小さな歩幅で、しっかり、ゆっくり歩を進めるコイツが。
俺の身長の半分だから、歩幅も半分。当然、俺はコイツの歩幅に合わせなきゃならない。

それが、どうにもじれったい。ついでにこの微妙すぎる雰囲気も。
歩幅は我慢すればまだなんとかなる。

しかしこの空気はなんだ?このフワフワとした落ち着かない空気は。
普段なら、もっと静かで落ち着いた、冷たい空気が肺を満たしてるっていうのに。


・・・・・
良い年頃の男女2人が、月の在る夜とぼとぼ歩く。

どこぞのギャルゲーじゃあるめぇし。つかギャルゲーなんじゃね?俺の"夢"の中での。


まぁ・・・そんなわけない。これはれっきとした現実だ。



「・・・あの・・・寒く、ないんですか?」

唐突に話かけられて、思わずビクリと体が反応する。
上半身は、黒いタンクトップ一枚でブカっと覆われているだけ。
傍から見れば、そう見えても可笑しくないのかもしれない。

―別に、寒くはねぇよ―

そんな風に、ぶっきらぼうにしか返せない自分が、我ながら馬鹿らしい。



それから、またトボトボ歩く。
時々ポツン、ブツンと、ブツ切りにしたような会話をして、俺が適当に返事をして、終わり。
俺も困ったけど、あっちはもっと困ってるだろうな、なんて考えた。
でも、スルーした。

"めんどい"から。








唐突に、足音が一つになった。
ん?と思って振り返れば、ソイツは少し俯き加減で、俺を見ていた。


―どうした?疲れたのか?―


「・・・夢、覚えてますか?」


―夢?―


「そう、夢です。
 ・・・また、会いましょうね。今度は、そっちで」

胸に手を当てて、静かに、言った。


刹那、全身の血液が沸騰して噴き出すのかと思うほど、体が熱くなった。
俺の眼が、コイツの眼から離せない。別に合したくもないし、合わせたくないわけでもないのに。ただ、動かせない。

ああ、覚えてる。
なんでだ?なんで夢の中の出来事なのに、こいつはここに存在している?
これは夢じゃない。現実なんだ。他のなんでもない。
そもそも、俺はコイツといつ、どこで、何時から知り合っていた?


夢の中で?



「貴方が、望んだことだから・・・」

―・・・え?―

「私は貴方に望まれてここにいるんです。マスター」


んな馬鹿な。
俺はそんなこと一つも考えちゃいない。望んだ気もない。

―何かの間違いじゃぁないのか?俺は・・・―



じゃぁ、と、穏やかな、しっかりとした声で遮られた。

「じゃぁ・・・私を呼んでください。
 私の名前を」

―名前・・・?―



さっきから鳴りっ放しの心臓が一段高く鳴り、俺の胸を突き上げる。
周囲には静かで穏やかな、夜の普通の数秒が流れた。
俺の中では混沌とした、熱く、ゆっくりとした数秒が流れていた。





―・・・・リザード―


なんか、よく分からないけど、そんな単語が俺の口から漏れだす。
俺の心の奥の奥の底、無意識の領域から。


一瞬、周りがパッ、と明るく光った気がした。優しい光だった。
"リザード"が、満面の笑みを浮かべて、俺を見つめている。

俺にはまったくサッパリ訳が分からない。なんでリザード、なんて言えたのかも、そもそも状況事態、しっかり読みこめていない。
でも、そんな困惑は俺の感情の極一部に過ぎない。
その時の俺の心は何より、"リザード"が見せてくれたその笑顔に、ただ驚き、そして"何か"を感じていた。
心が、ポッと優しい熱で暖められるような、そんな気持ち。

ゆっくり、リザードが近寄って来る。


「さ、行きましょう・・・・マスター♪」

何で、そんなに自分の名前を呼ばれることが嬉しいんだろう。
分かってくれたことが、嬉しいんだろう。
俺には相変わらず、サッパリキッパリスッパリ分からなかった。
正に、疑問符百連打。

でも、それでも心は、不安にも悩みにも、その他一切のマイナスの感情に支配されず、俺の中で優しく火照っている。





―・・・良いとこ、教えてやる―


うん、まぁ、いいんじゃないか。


「どこですか?」



―・・・俺らが歩って来た道と、これから歩く道―





長い付き合いになりそうだし・・・
リザードと。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。