第二十八話「黒い戦士」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二十八話「黒い戦士」


地球では、ファンガイア軍の大侵攻作戦が開始されていた。


レッドワインファンガイア(以下RWF)「わはは、お前も殺して赤ワインにしてやろうか!?」


ホワイトワインファンガイア(以下WWF)「いや、白ワインこそが正義だ!」


一般人「うわぁぁぁ!!?」


RWF「おい、そこのお前、名前は!?」


???「し、白井虎太郎だ…」


WWF「フフフフ、白井だから、白ワインだ!!!」


RWF「チッ、今回はお前に譲るぜ。」


虎太郎「うわああああああ!!!!?」


ファンガイアの拳が虎太郎に降りかかろうとしたが、その時、蒼い閃光がそれを阻止した。


加賀美「大丈夫か!
速く逃げろ!!!」

RWF「クッ、ライダーか!!!」


WWF「こいつは多勢に無勢ですねぇぇ!!!」


加賀美「侑斗、二人でかかれば!!!」


侑斗「ああ、変身!!!」


侑斗も仮面ライダーゼロノスに変身。
しかし、そこからまたファンガイアが現れた。


加賀美「何!?」


RWF「おお、やっと来たか、陰陽師ファンガイア!!!」


陰陽師ファンガイア「うむ。ワガハイが着たからには一安心だ。
どーまんせーまんどーまんせーまん…」


陰陽師ファンガイアが謎のお経を唱え始めると、
加賀美と侑斗の動きが止まったのである。


加賀美「!?な、何ィ!!?」


侑斗「う、動けねぇっ!!!」


陰陽師ファンガイア「フフハハハ!!!成仏しろよ!!!」


??「待ちなさい!!!」


なごが あらわれた!


コマンド?


RWF「死にさらせゃぇぇい!」

名護「ンナゴッ」

侑斗「な、何やってんだオッサン!」

名護「オッサンではない、名護だ」

名護「私はパワーアップした!
スーパーイクサだ!!!」

RWF「んだとぉっ!?」

名護「解き放て未知の力~!!
たぶんそれこそが運命~!!!」

名護はライジングイクサにパワーアップした。

音也「へぇ、ライジングイクサか。」

キバット「復活だぜ、キング・オブ・ファンガイアのな!!!」

音也「やっぱりな。じゃあ俺たちも行くか?」

侑斗「ここは俺たちに任せろ!はぁっ!!!」

侑斗も加賀美も束縛を解いていた。

名護「フンハッ!!!」

RWF「くっ、食らえ!!!ワインバズーカ!!!」

名護「っ!?
イクサのボディに染みが…!!!」

WWF「赤ワインの染みは白ワインで取れますよ!」

名護「何!?それは本当か、だったら早く試しなさい。」

WWF「あたれ、白ワインショットガン!!!」

名護「ナゴォォォンッ!!?」

吹き飛ぶ名護。

加賀美「何やってんだアンタ、ほら、行くぞ。」

名護「くっ、ライジングイクサ、バーストモード!!!」

陰陽師ファンガイア「ワガハイにも見せ場を!!!」

名護「うごっ!?くっ、その命、神に返しなさい!!!」

陰陽師ファンガイア「うげぇぇぇっ!!!?
成仏するううううううう!!!!!」

加賀美「キャストオフ!」

侑斗「来い、デネブ!!!」

デネブ「デネビック医薬品!!!」

RWF「赤ワインバズーカ!!!」

加賀美も侑斗もかなりのダメージを負った。
しかし…

加賀美「うおおおおお!!!ライダーキック!!!」

RWF「はんべべばぼ!!?」

RWF撃破!

侑斗「ちぇすと!!!」

WWF「見せ場が無い!?!?」

WWF撃破!

加賀美「ふぅ、何とか終わった…」


王蛇「………」

加賀美「お、お前は!!!?」

王蛇「フン、またお前らか、いいだろう、まとめてかかって来い!」

加賀美「いや、お前の相手は俺だ!!!」

王蛇「イライラさせるなよ…」

加賀美と王蛇の戦いが始まった。

ぶつかり合う肉体と肉体。
杖と双刀。

次第に両者ともスタミナが尽き始めてきた。

王蛇「ハァ、ハァ、何だこいつらの力の源は…」

加賀美「や、やっぱり強い…!」

?「…」

王蛇「!!!」

侑斗「な、何だアイツは…?」

名護「黒いファンガイア!?」


そこへ神代剣が現れた。

剣「遂に来たぞ……ファンガイア四天王寺…
最後にして最大の男がな……」