第六話「浪速の熊と親心」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第六話「浪速の熊と親心」

(一寸前)

加賀美「剣崎…良太郎には…息子には会っていかないのか?」

剣崎「未来の息子には会うものじゃない。一番いいのは、俺たち親子がこの時代で会わない事だ。
だから、俺は影で動き続けるさ」

加賀美「なるほどな。」

佑斗「それじゃまただ、加賀美」

加賀美「ああ、元気でな!」

剣崎たちを見送った加賀美。
その前に…

???「はっ、君は?」

加賀美「えっ、何物だ!?」

突然探検家風の男が現れた。


???「わわっ、待てよ…
さっき話してた連中の中に…イマジンがいたな?」

加賀美「イマジンを知っているのか?
あんた一体!?」

???「俺は筑波洋。
しがない生物学者さ。」

加賀美「筑波…どっかで聞いた事がある名だな。
で、いろいろ話してもらおうか。
俺は加賀美新。
新ZECTの隊長だ。」

この後、加賀美は謎の男からいろいろ話を聞き出していった。
そして今に至ったのである。


そしてデンライナー

ハナ「加賀美さん、どうしたんだろう…」


モモ「へっへープリンいただき!」

ウラ「ちょっと先輩、僕のプリン返してよ!」

モモ「イージャン イージャン スゲージャン」

その時、イマジン警報機が光った!

ウラ「うおっまぶしっ」

良太郎「イマジンだ!」

モモ「よっしゃm、行くぜ行くぜ行くぜぇぇぇぇ!」

デンライナーは現代の神奈川県へと飛んだ。


筑波洋「フンッ!」

ハナ「ついた!
あの人にイマジンが取り付いてる!」

M良太郎「ヨォシ、イマジンは俺が倒す!」

良太郎(あの人、生物学者の筑波教授じゃ…?)

M良太郎「んなこたぁどうでもいいんだよぅ!
変身!」

久し振りの電王ソードフォームである。

M良太郎「喰らいやがれ、俺の必殺技!」

筑波洋(?)「ムダや!ハッケ良い!!!」

M良太郎「のこったぁぁぁぁぁ!!?」

筑波洋に取り付いたイマジンは張り手つっぱりで電王を弾き飛ばしたのである。

ウラ「あーあ、ダメだなぁ先輩は…僕に変わってよ」

M良太郎「ちょ、おま…」

U良太郎「お前、ボクに釣られてみる?」

電王はロッドフォームへとフォームチェンジ。
しかし、変わらず電王はついにプラットフォームへと戻ってしまう。

モモ「お前…」

ウラ「そ、そんな目で見ないでよ先輩…」

モモ「お前…」

筑波洋(???)「俺の強さにお前らが泣いた!
涙はコレで拭いとき!」

そういって手渡されたのは懐紙であった。

モモ「………」

ウラ「………」

良太郎「どうしようもないほどボコボコだね。」

とその時、またもイマジンが現れたのだ!

良太郎「ううぇあっ、イママジン!?」

今までのイマジンとは雰囲気が違う…

バーネットイマジン「お前さんが電王かい?
俺ッチはバーネットイマジン。
G5の一人でい。」

良太郎「G…5?」

筑波洋(???)「何や何や?
お前も俺とやろうってんか?
望むところや!」

そう言い放ち向かっていく筑波。
しかし、バーネットイマジンの身体に触れる前に弾き飛ばされる。

筑波洋「うおおおおっ!?
お、俺は…?」

バーネット「残念だなぁ、タートルイマジン、ベアーイマジン、
お前らなら、特異点をぶっつぶせると思ってたってのによぉ…
ザンネンだなぁ!!!」

その瞬間、莫大な闘志が放出。

良太郎「うわぁぁぁっ!!!」

ベアーイマジンと呼ばれた黄色いイマジンが、良太郎を倒木からかばったのだ。

良太郎「き、君は…!」

???「早よ逃げい!
お前とはまだ戦っとらん!」

良太郎「でも、それじゃ君が…
そ、そうだ!」

ハナ「良太郎!どうしたの!?」

筑波「ど、どうする…!?」

ハナ「筑波さん!手伝ってください!」

筑波「だが俺は…
俺はもう…」

良太郎「君、僕の中においでよ!」

???「何やて!?」

モモウラ「うそーん」

良太郎「ボクは特異点だし、僕の中に来れば安全だしさ。」


バーネット「いちいちうるせぃんでいっ!
ちきしょうめっ!」

バーネットイマジンは肩から炎を噴出した。

モモウラ「そこからでるのーーーーー!?」

???「良太郎、お前の力、俺に貸してくれ!!」

良太郎「分かった!」

炎が良太郎に迫る!
その時!!!

任せとき!ってDoTheAction~♪

K良太郎「変身…」

バーネット「後で言うんだーーーーーー!!?」


神奈川の某灯台

剣崎「大ショッカーがこの世界に来るまで後半年・・・それまでにカイを倒さなくちゃいけない」

侑斗「そうだな…こうして色々まわってるんだ。
アイツのところにもいってやったらどうだ?」

剣崎「あいつは…良いや」

侑斗「何でだ?」

剣崎「だってアイツ俺を見たらすぐケンカ売ってくるんだもん!
それなら後でもいい!」

侑斗「切実だな、じゃあ俺も行くぜ。
デネブが待ってる。」

剣崎「ウェ。」


続く!!!



ウラ「次回も僕に釣られてみる?」


次回予告!!!

加賀美「新入社員、高鳥蓮華ッッ!!!」

バーネット「なーんちゃって!」

ハナ「誰がプリンみたいな乳よ!?」

筑波「スカイ…変身!!!」


次回『燃えろ仮面ライダー』



O☆MA☆KE

睦月「う~BOARDBOARD…」


今BOARDをを求めて全力疾走してる僕は最強スペック(笑)のごく一般的な仮面ライダー
強いて違うところを挙げるとすれば最強なんてのは建前ってとこカナ―――

名前は睦月

そんなワケで山奥にある神社にやって来たのだ

睦月「!」

ふと見るとそこに一人の若いライダー資格者が座っていた


睦月(ウホッ!いいライダー!)

そう思っていると突然その男は僕の見ている目の前で胸の」ジャケットを広げ始めたのだ…!

矢車「や ら な い k お前はいいよなぁ…本編に出れて」

睦月「まだ言っているのか!!!」