第八話「アンデッドの事情」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第八話『アンデッドの事情』

シャープイマジン「な、何こいつ!?」

フラットイマジン「急に変身しやがって…」

トーンイマジン「恐れることは無い!所詮コケおどしなんだよ!
かかれ…!?」

紫色の電王は銃を乱射し、
イマジンたちの足を止めた。

筑波「あのライダー…窮地を追うごとにパワーアップしているだと?
俺も負けてはいられないな…!
先輩ライダーの意地を見せてやるよ!
いくぜ、電王!」

良太郎(はい!)

R良太郎「お前ら、倒すけどいい?」

イマジンズ「ふざけんなっ!」

R良太郎「答えは聞いてない!」

モモ「お空に響けピリカピリララ~」

ウラ「せんぽあーい、現実逃避してる場合じゃないよ…」

モモ「そうだ…そうだった!
そうだよなぁ…何だよ・・・
なんなんだよお前!!!」

R良太郎「ちょ、ちょっと待って…!」

シャープ「余所見なんかしてる場合なのかよ!」

R良太郎「と油断させてフラッシュ!」

シャープ「オンボルピー!!?」

フラット「シャアァァァプゥゥゥ!!!!
(何だ今の、断末魔?)
よくも俺の相棒をおおう!!!」

フラットイマジンはシャプイマジンの残縡を吸収し、
黒と白のイマジンとなった。

筑波「何っ!?
新しいライダーのパクリか!?」

筑波は出てきてから初めてギャグをやったが、なんとなくスベっていた。

筑波「なにあの半もっこ〔り〕(半分こ)怪人!
私聞いてない!」

フラット&シャープ「その答えは!」


立木さん「2009年9月6日朝8:00!放送開始!
仮面イマジンW!」


ウラタロス「いやスベったからってネタひっぱらんでも…」

仮面イマジンW(以後W)「電王…もう許さないぞお前たち!」

R良太郎「必殺!」

デンガッシャーガンモードの必殺技で巨大なエネルギー弾を放ち、Wは以後Wと書かれたにも関わらず、もう喋ることなく死んでしまった。

モモタロス「さぁ!全滅させるぜ」

R良太郎「そうだね。みんな倒さないと」

電王ガンフォームR良太郎は、モモタロスたちに攻撃を始める。

筑波「良太郎君!なにをやってるんだ」

ウラ「良太郎の中に入ったイマジン…敵だったんだ」

筑波「なに!?」

ベアー「それより俺の名前ベアーイマジンてそろそろ名前付けて欲しいんやけど」

モモ「キンタロス。
で、どうするんだ」

キンタロス「ちょっ待てや!そない適当な!
あれ?もうキンタロスって…」

ウラ「イマジンの名前付ける時、みんなそんなんなんだよね」

スカイライダーである筑波が、R良太郎を必死で押さえ込む。

しかし、傷を負った筑波は大苦戦する。その時、黒いカマキリのようなライダーが現れ、筑波を助けた。

筑波「誰だ……君は…」

始「俺の名は相川始。イマジン反乱軍リーダー『G5』のリーダーだ」

そうこのカマキリのようなライダーは仮面ライダーカリス『相川始』であった。

R良太郎「もう邪魔しないでよね!
もういいや!」

良太郎の中のイマジンは良太郎の中に引っ込んでいった。

筑波「ありがとう、助かった……ウェアッ!」

筑波は始に攻撃された。

モモ「なんだ!?」

始「イマジンに敵対する者は全て俺の敵だ!」

筑波「なんだと!?」


その光景を加賀美が見ていた。

加賀美「始…なんであいつが…」



次回予告


始「こいつ……強い…」

筑波「油断すれば腕ごと持って行かれてた」

名護「やめなさーいやめなさい。
ライダー同士で戦うのをやめなさい
イクササーイズ!」

カイ「見つけた桜井侑斗!」

侑斗「こんな早くチャンスが……」


次回『スカイVSカリス』



おまけ

矢車「ディケイド終わったなぁ」

睦月「誰かにライブアライブっぽいって言われて、士さんがユウスケさんたちを倒して、ショック受けた夏海さんが自殺したり、士さんが最後えらいことになるかと思いましたよ」

矢車「せめて別の章を思え!なんでよりにもよってそこなんだよ」

睦月「そこが個人的に一番シックリきたんで……」

矢車「多分、言った奴もそんな結末予想したから言ったわけじゃないと思うぞ
というか今の時点で作者も最終回見てないからな…」

睦月「早くかえって録画した分見ないと」

草加「せめて『オンドゥル星物語』の話しろ!」

矢車「誰なんだあんた一体?」