第九話「スカイVSカリス」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第九話『スカイVSカリス』


相川「クックックック…」

筑波「同じ仮面ライダーが戦わねばならないとは…」

筑波は傷ついた身体を前へ押し出し、
臨戦態勢をとった。

良太郎「筑波さん、ムチャです!その身体じゃ…」

筑波「ライダーには…男には、やらなきゃいけないことがあるんだっっ

燃えろ、スカイ…変身!
命がけだ!己を捨てて、突っ走る!!」

相川「コイツ…強いな…!
それなら俺も、変身…!」

相川も仮面ライダーカリスに変身。
2人のライダーが激突した。

筑波「セイリングジャンプ!」

相川「プラントバイオ!」

筑波「ぐっ…スカイキック!!」

相川「シェルドリル!!」

交差するキックとキック。
そこへ…


名護「やめなさーいやめなさい。
ライダー同士で戦うのをやめなさい
イクササーイズ!

…おろ?
おろろ?」

筑波&相川「邪魔だ!!!」

名護「オロナゴーーーーーン!!!?」

名護はアイルランドくらいまで吹き飛ばされた。

相川「クハハ…!さぁ、そろそろオワリにしようぜい?」

筑波「もう…限界か…?」

とそこへ、一発の銃弾が飛来。
二人の間へ割って入った。

相川「何っ!?」

筑波「あ、あれは…」

謎の男「はいはーい、そこまでだ。
これ以上無視してやろうってんなら、
俺たちが相手になるぜ?」

良太郎「あなたは…?」


アイキャッチ「オンドゥル星物語!」

CM

矢車「オンドゥル星物語生姜ご飯の素!」

睦月「アツアツのご飯にのせて混ぜるだけ!」

矢車「これで君の朝食はパーフェクトハーモニー!」


オンドゥル星物語生姜ご飯の素
税込\680!!!

アイキャッチ「オンドゥル星物語、第二部!!」

良太郎「あなたはぁー!?」

相川「チッ、IRAの連中かよ…
メンドくせぇヤツラが来たもんだ。」

筑波(IRA…だと?何故…!?)

謎の男「へへへ、相川…お前評判悪いぞ~~ええ!?」

IRA、謎の男はそこの所属らしい。

相川「お前らが邪魔ばっかりするからだろう?
それに、イマジンに立ち向かうやつは総て俺の敵だ。
なんならここでヤってもいいんだぜ?」

謎の男「おっ、やるか?
俺も部下をやられてトサカにきてたんだよ。」

加賀美「やめろーーーっ!」

加賀美もようやく腰を上げた!

トーンイマジン「あれ?」

キン「どないした?」

トーン「いや俺何か忘れてるような」

モモ「気のせいだろ。
おとなしく観戦しようぜ。」


トーン「そうだな。」









トーン「って、んなワケあるかぁぁあぁぁぁあ!!?!!!?」

てんやわんやになってる良太郎たち。

その近くに侑斗も駆けつけていた。

侑斗「あいつら…遊んでんのか…戦ってんのか……」

その時だった。侑斗の目の前に思わぬ人物が現れた。

カイ「見つけた。桜井侑斗」

侑斗「……こんなにも早くチャンスが来るなんてな…」


次回予告

始「えっと…IRAだっけ?なによ?第四の勢力?なんかもういいよ
お前らはカイの一味的な位置でいいだろ?」

???「なるほど。扱いにくいキャラはぞんざいな扱いか」


カイ「お前じゃ俺に勝てない」

侑斗「ああ…だが野上ならどうかな?」


次回『いい加減長い一日』



おまけのけ

矢車「………」

睦月「………」

草加「………」


名護「………」


矢さ車「返品してこい」

睦月「アイサッ!」

名護「ちょ、ちょっと待って!
ほら貴方方もやりなさい。
イクササ~~イズ!!!」

矢車「ライダー…」

草加「キック!!!」


名護「ギャアアアアアアアアアム!!!」


睦月「きたねぇ花火だ…」