第八話「ラスト・ゼロ、終電」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オンドゥル星物語 第八話「ラスト・ゼロ・終電」


デネブから剣崎は、ゼロノスに変身するカードについて教えてもらった。自分の記憶を消費してしまうカードだと…、変身する度に忘れられるカードだという事を…


剣崎「そんな…なのに…なのになんで侑斗は戦ってるんだ!?」

侑斗「しょうがないだろ…。俺がやらなくちゃいけないんだ。」

剣崎「侑斗……なにがあったんだ…」

侑斗「お前には関係ない!行くぞデネブ」

デネブ「待って!侑斗、ああ」

その時、デネブは躓いて何かを落とした。

侑斗「デネブ…これ…」

デネブ「し…しまった…」

デネブが落としたのは、ゼロノスカードだった。


侑斗「デネブ、お前!!」

デネブ「ごめん…俺辛くて…変身する度に忘れられる侑斗を見るのが耐えられなくてそれで…」

侑斗「これはもらっとくな」

カードをポケットに入れる侑斗。

剣崎「駄目だ侑斗!!それだと……」

侑斗「お前には関係ない!じゃあな」

侑斗はゼロライナーに乗り去っていった。

デネブ「剣崎…頼みがあるんだ!侑斗がカードを使わないように、侑斗を守ってやってくれ…」


その頃、加賀美は、ファンガイアに襲われていた。

加賀美「さすがに、ここじゃザビーを呼べない…どうすれば…」

そのとき、JPと書かれたカードがファンガイアを突き刺し、破壊した。
そのカードが来た先には、謎の紫色のロボットが立っていた。

「………」

無言で去ろうとするロボット、その時

加賀美「教えてくれ!君は誰だ?何処から来て、そして何処へ!?」

しかし、謎のロボットは答えることなく、去っていったのだった…。


加賀美は早速、翌日にあのロボの話を剣崎にしていた。

剣崎「ウェ~、すごいロボットだな。それ」

加賀美「ああ、しかも謎だらけなんだ。多分、あの謎は僕たちの夢さ」

剣崎「なんか口調が…、……加賀美、桜井侑斗の事たけど」

加賀美「誰だ?それ?」

剣崎「なんでもない」


そして、そのころ、ある場所で再び、ある男が動き出していた。

シャドームーン「泣けるでぇ!」


デネブ「ま…また…あいつが…!」

侑斗「どうした?デネブ」

愛犬『てつを』「時を越えろ、空を…(ry」

侑斗「またか!ていうか、それこないだ返品したばっかだろ」

デネブ「何故かまた来たんだ」

愛犬『てつを』「これはおそらくゴルゴムの仕業に違いない!」


そのころ、ある場所でシャドームーンと戦っている男がいた。

名護「ライダーシステムを持つのは私一人で十分た゛、変身」

『I・KU・SA・RE・D・Y』

『FI・S・T・O・N』

イクサに変身する名護

シャドームーン「なんや、やろうっていうんか?ええやろ!俺の強さは泣けるでぇ」


数々の技を繰り出すも、まったく歯が立たない名護。
シャドームーンはシャドーキックの体勢に入る。

名護「ウゾタ、オレノワザガ通用しないなんて…」

そして、シャドーキックに直撃する名護。

シャドームーン「シャドーキック…」

そしてイクサの変身が解けてしまい、名護は気絶してしまう。

シャドームーン「俺の強さにお前が泣いた!涙はこれで拭いとけ」


その頃ゼロライナーでは、侑斗が、シャドームーンの気配を感じていた。

侑斗「この気は・・・!?まさか・・・」

デネブ「侑斗~、ご飯でき・・・あれ?侑斗?」

ゼロライナーから降りた侑斗は、シャドームーンの所へと急ぐ。



シャドームーン「なんや、またお前か」

侑斗「好き勝手暴れてたみたいだな。俺が止めてやる!!」

シャドームーン「そないな事できるか!!」

侑斗「行くぞ!!へん・・・」

その時、侑斗は、加賀美に忘れられた事を思い出した。

加賀美『君!!大丈夫か?』

侑斗「・・・・・」

そこで、カードを使うことをためらう侑斗。

シャドームーン「どないしたんや?おじけづい・・・」

剣崎「ウェーーーーーイ!!」

その時、剣崎がライダーキックで妨害する。

シャドームーン「お前は・・・」

剣崎「お前の相手は俺ディス!!」


侑斗「剣崎……」

シャドームーン「今度はお前か、弱い奴に興味はない。じゃあな」

剣崎が出てくるのを見ると興味もなさげにシャドームーンは去っていった。
しかし、その代わりにファンガイアが2体現れた。