第九話「あっ!デネブも新も氷になった」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オンドゥル星物語 第九話「あっ!デネブも新も氷になった!」


ストロベリーファンガイア(以後SBF)「俺は、ストロベリーファンガイア!」


ブルーハワイファンガイア(以後BHF)「俺は、ブルーハワイファンガイア!」


侑斗「な、何だこいつら…涼しげな表情しやがって!」


加賀美「こいつは俺が!でやああああああ!!!」


加賀美がBHFに殴りかかった瞬間、BHFが白い息を吐き出した。


加賀美「うっ、うわああああ!?」


その瞬間、なんと加賀美が凍ってしまったのである!


剣崎「加賀美!?」


デネブ「うわあああ、俺も!?」


なんとデネブまでもが凍らされてしまった!
大ピンチ!


BHF「ははははは!次に来たときはお前たちも凍らせてやろう!」


SBF「では、さらばだ!!!」


帰っていくファンガイア達…




1時間後


ひより「ダメだ、溶けない…」


侑斗「どうやらあのアホ2匹を倒さないと溶けないらしいな。」


剣崎「倒しに行くディス。」


侑斗「でもどうやって?
あいつらの吐く息に触れたらアウトだ。
俺たちまでいなくなったら、誰が倒すんだ?」


剣崎「ウェ…」


剣崎はその時、橘の特訓を思い出した。


―――


橘「これがギャレンになるために必要なトレーニングだ。
3!!!」


―――


剣崎「………」


侑斗「とにかく、何か氷を打ち消すものを…」


剣崎「ちょっとBOARDに言ってくるディス。」


侑斗「何か秘策があるんだな!?
じゃあ俺も行くぜ!!!」


剣崎「ゆ・・・侑斗!!大変だ!!」

侑斗「どうした!?まさか・・・秘策がだめになったのか!?」

剣崎「もうすぐプリキュアが始まるんでぃす・・・。だから一回、家に・・・」

侑斗「行くぞ・・・・」

侑斗は剣崎を引きずり、BOARD本社に行った。


剣崎「ここがBOARD本社ディス」

侑斗「ここに何があるっていうんだ?」

剣崎「・・・。勢いで来ちゃったんでぃす・・」

侑斗「何?」

剣崎「プラズマチョチョー(烏丸所長)がいないんディス」

烏丸「私ならここだ、剣崎」

剣崎「あっ、いたんディスか」

侑斗「もう・・・なにがなんやら・・」


剣崎「プラズマ所長、何か手はないんディスか?」


烏丸「そこで!これの出番だ。
かつての英雄を模したアンドロイド…


ホモラ…ロボライダーだ。」


剣崎「ウェ!?」


烏丸「ロボライダーは炎の王子だからな。」


剣崎「炎の力は彼のエネルギーなだけで、
彼自身が炎を発する事は無いんじゃないディスか?」


烏丸「……………。
じゃあブルースペイダーでも持ってけ!


だが私は謝らない!」


剣崎「ウェ…」



こうして、二人はファンガイアのいる廃墟へ向かった。