第十四話「剣の始まり」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第15話『剣の始まり』


ダーッシュダーッシュダンダンダダンダーッシュダーッシュダンダンダダンスクランブル~ダーッシュ

プロ「俺は少々あらっぽ(ry」

剣崎「ウェェェイ!その剣じゃねぇぇ!帰れぇぇぇ」

剣崎はつっこみのあまりおかしなキャラになっていた。

始「あれ?剣崎ってあんなキャラだっけ?」

始「(あれ?剣崎ってあんなキャラだっけ?)」

始は思わず、頭の中の声と口に出す声でまったく同じことを言ってしまった。

剣崎「あれ?ここは……確か…オリたちは病院の前で人の迷惑も省みず戦ってたはず…」

剣崎は混乱のあまり言わなくていいことを喋った。

始「落ち着け剣崎!妙なのはそれだけじゃない…あのファンガイアがいない…」

?「よ~こそ、ラァイダァ~のショゥクン」

剣崎「まさか!その声は!?」

始「知っているのか?剣崎」

剣崎「うむ、昔同じ声を持った者に出会ったことがある。若本さん!若本さんディスね!その単語の延ばし方は!」

?「………」

始「若本?そういえば聞いたことがある。会社員だったり商店街を乗っ取っていたり、不動産屋だったり、三河屋さんだったりするあの伝説の……」

?「………」

声の主は乃木レイジ…。かつてワームとして天道と戦った男である。
しかし彼は出ていけなかった…。
剣崎のあの期待に満ちた目を見てしまうと……

そう彼は存外いい人だった…

乃木「す…すまない…、私は若本ではないんだ……」

剣崎「ウェウェ?」

乃木「というか…私はこんなキャラでは…」

始「そんな事より、何のつもりだ?ワームであるお前が」

剣崎「ワーム!?」

始「アンデットである俺にはわかる。お前は人間じゃない」

乃木「ククク…さすがはアンデットだ!私の正体に気づくとはな」

剣崎「天道って奴が全員倒したんじゃ…」

?「奴も甘い。あの時、乃木の能力に気づかず俺たちを倒したつもりでいたらしい」

剣崎「ウェッ!?」

始「貴様は…」

奥から一人の青年が現れた。

剣「俺の名は神代剣…。神に代わって剣を振るう男だ」


剣崎「神代…剣…?」

剣「ファンガイア…とか言ったか…?あいつらは邪魔なんでな。俺たちは奴らを駆逐するため、戦っている」

始「それと、俺たちを助けたことと何の関係がある!?」

乃木「奴らは時間を止める力を持っている。そこでラァイィダーの諸くぅん、君たちに私の力を与えよう」

剣崎「なんだって?」

その頃、名護と戦っている加賀美の前に王蛇ファンガイアが現れる。

加賀美「お前は…」

名護「貴様も仮面ライダーか!?」

王蛇「ライダー?違うな俺はファンガイアだ」

名護「何ッ?ならば、その命、神に返しなさい!!」

そう言うと名護はイクサに変身し、王蛇に飛びかかった。

王蛇「無駄だ」

軽くかわされ、名護はダメージを負ってしまう。

加賀美「名護!!」

王蛇「次はてめぇだ」

その時だった。王蛇に向かい銃弾が飛んできた。それに全て直撃した王蛇。

王蛇「誰だ!」

デネブ「未来からの使者!デネブだ!」

?「そして、私は…桜井侑斗だ」

加賀美「侑…斗…だって……?」