第二十一話「気に入らない」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第21話『気に入らない』


ギルスを倒した音也と侑斗。音也が変身を解こうとしたその時

侑斗「おかしい…」

音也「どうした?そこの緑色?」

侑斗「体がないのにあいつの気が随分残ってる…」

音也「気?何の話だ?わかるように説明しろ」

侑斗「奴はまだ…生きてるかもしれないってことだ」

ギルス「フハハハ、よくわかったな」

ギルスの体が再生されていく。だが、少し形が違っていた。

ギルス「エクシードギルス…。この姿になったのはキングに次いで二回目だ」

音也「……ほう。生意気だな。俺に手も足も出なかったくせに」

侑斗「待て!さっきまでのあいつとは明らかに強さが違う…」

音也「関係ないな。行くぞ」

その頃、剣崎と始は、何故か始が剣崎を襲い戦っていた。

剣崎「始……」

始「ファンガイア四天王寺を一人倒したくらいでいい気になるなよ!」

剣崎「ウェ…」

始「どうした?力を見せてみろ!こんなものか?お前は」

互角に戦う二人。しかし、始は何かが気にくわなかった。

始「新しい力を見せろ!そんなものでファンガイア四天王寺に勝てるはずがない」

剣崎「始…今はそんな場合じゃ…」

始「気に入らないんだよ!てめぇら甘ちゃん全員な!」

その頃、エクシードギルスとなったギルスを相手に、音也と侑斗は押されていた。

音也「クッ…。まったくの不協和音だ。俺たちの連携は」

侑斗「いないよりはマシだろ」

音也「違いない」

ギルス「死ねよやぁぁ!」

まず狙われたのは音也だった。
攻撃を受けた音也の変身は解けてしまう。

侑斗「なんて攻撃だ……」

音也「クッ……仕方がないイクサではここが限界か」

イクサナックルを捨てる音也

名護「俺の!」

すぐさま拾いに行く名護啓介(22)

ギルス「諦めたのか?」

音也「まさか。来い!キバット!」

音也が言うとドコからかコウモリのような物体が現れた。

キバット「行くぜ!カブッ!」

音也「変身」

音也はキバに変身し、ギルスと戦う。

ギルス「ほう……おもしろい」

侑斗「デネブ!来い!」

デネブ「そうそう!それそれ!」

ゼロノスもベガフォームにチェンジする。

名護「き……キバァァァ!」

キバとゼロノスベガフォームの連携で、ギルスを追いつめる。

ギルス「状況は不利……。まぁ、今回はそちらの男(名護)から仕掛けてきた戦いだ。わざわざ決着をつける事はないな」

音也「逃がすか!」

名護「キバァァァ!」

その時、名護が音也の邪魔をする。

音也「ちょっ…お前、何をやっているんだ」

侑斗「おい、あいつ逃げるぞ!」

ギルス「時よ止まれ!」

ギルスは時を止め、去っていった。

音也「奴は…ドコに?」

侑斗「時を止める力…剣崎たちが言ってた奴か……」

名護「キバァ!その命、神に返しなさい!変身!」

『I・KU(ry』

名護「ウァァァァ!」

キバット「ウェイクアップ!」

音也「ライダァァキック!」

名護「グァァァァァ!」

名護は海へと落ちていった

その頃、ロボブレイドに変身した剣崎は、始を追いつめていた。

始「クッ…何が…ロボ…ブレイドだ…」

加賀美「おい!もうよせ!」

始「邪魔をするな!」

剣崎「ウェ……」

その時だった。始と加賀美が何者かに吹き飛ばされた。

剣崎「始!加賀美!誰だ!?」

「怪魔怪人デスガロン!キングの命令で貴様らを殺しに来た。」

剣崎「なんだと……」