オペラ作曲家別索引

オペラ対訳完成

その他対訳完成

対訳一部完成

このサイトについて

アクセス数

  • 今日  -
  • 昨日  -
  • 累計  -

翻訳エンジン


bose_soundlink_revolve



"パルジファル"

対訳

アリアへジャンプ!

第1幕(動画対訳)

幼な子のあなたが母の胸に(動画対訳)



あらすじ

  • かつて十字架上のイエス・キリストの血を受けたといわれる「聖杯(グラール)」と「聖槍」は、天使たちにより聖者ティトゥレルに託され、「聖杯城」の「聖杯騎士団(グラールの騎士)」によって守られていた。ティトゥレルの跡を継いで、この聖杯騎士団のリーダーとなったアンフォルタスの苦悩は、そのような聖なる地位にありながら絶世の美女であるクンドリーに誘惑され、あろうことか彼女を操る「聖者くずれ」のクリングゾルに聖槍までも奪われたことである。

訳者より (前編)

  • 私の愛聴番は、クナッパーツブッシュのバイロイト1962年盤です。クナは51年から64年まで、毎年のようにバイロイトで指揮しているのですが、この62年盤は何よりも録音が良いのとクンドリー、パルジファル、グルネマンツの配役が素晴らしいです。例によって、YouTubeを見ますと、第1幕の舞台転換の音楽を指揮するクナの姿が見られます。これはイイですねえ・・・。初めは淡々と指揮棒を振っていたかと思うと、やにわにスックと立ち上がり、正面に左右にと長いリーチを伸ばします。もはや指揮なのか体操なのかワケわからない(笑)くらいですが、すごい人格的な迫力を感じます。よくぞ撮っておいてくれたと思います。

訳者より (後編 ~クンドリーの救済をめぐって~)

  • 後編では、クンドリーの救済をめぐっての考察ですが、その前に『パルジファル』とワーグナーの先行諸作品の関係を簡単に見ておきましょう。『パルジファル』は、ワーグナー最後の劇作品として彼の作品の集大成であり、外面的な道具立てにとどまらず、内容的にも多くの要素が、先行諸作品からこの作品に流れ込んでいます。ここでは、音楽は別として、プロットの観点に絞って、その影響関係を見ていきましょう。

ワーグナー聴けば聴くほど

rss 翻訳作業の経過などを綴った訳者のブログです

Blogs on パルジファル







|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|