当工房設定集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • コンセプト
 ただのサイトでは面白みが足りないと思い、ここを現実の世界にある隠れ家的存在にしようという思いで設計しました。
ページ名が建造物内部の名前を模しているのはそういった理由です。
まわりくどくいと思う方も多いでしょうが、ここは思いつきの適当な演出にのってあげるのが大人の対応といえましょう。


以下設定

  • 場所
 場所は都内某所、雑居ビルが多く立ち並ぶなか、少しばかりほかのビルより敷地面積の広い8階建てビルの屋上にある機関室兼倉庫を、いまは使われていないのをいいことにお借りし、リフォームの末に設計されたのが当工房となります。
 想像できない方はデパート屋上の遊園地を想像していただければわかりやすいかと思います。ですが唯一違う点はあたりには他のビルが軒を連ねるように犇めき合っているということです。こちらのビルよりも低いビルがあれば高いビルもあります。
 しかし幸いにもこちらを見下ろせる位置に隣立するビルの窓はなく、ある程度のプライバシーは守られているといえます。

  • 建物
 工房の建築材は鉄筋にコンクリートを使っただけのシンプルなものです。俗に言うコンクリート打ちっぱなしの建物という感じでしょうか。
リフォームしたばかりなのですが、予算上機関室のつくりをそのまま転用した部分が大部分を占めているので、ある程度年代を感じる見た目ではあるでしょう。

  • 買出し
 ここの場所への物流は一切ありません。
欲しいものがある場合は、ビルの一階に店を構えるコンビニで買うことになります。
買い物は非常階段を8階分の昇り降りを伴うので、なるべく欲しいものをリストに書き出して、一度に抑えたほうがよいでしょう。

  • 最後に
 これら一連のすべては日常のストレスから逃げるための一種の現実逃避です。


平成21年5月14日初版
© 2009 ツチダ


書庫