※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<?xml version="1.0"?>
<TextLibrary>
 
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_NAME1]">皇帝セレンティス17世</Text>
 
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0000]">ただいま戻りました、陛下。女王へのお返事はもう書き終えられましたか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0001]">ただいま戻りました、陛下。女王へのお返事はもう書き終えられましたか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0002]">ただいま戻りました、陛下。女王へのお返事はもう書き終えられましたか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0003]">ただいま戻りました、陛下。女王へのお返事はもう書き終えられましたか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0004]">うむ、ほとんどな。重ねて言うが、急いで仕上げられるものでもないのだ。 \n しかしその間、こうしてセレンタインにアガリアの騎士を迎えているとなれば、余の国のためにもう一つそなたに頼みごとをせねばならん。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0005]">うむ、ほとんどな。重ねて言うが、急いで仕上げられるものでもないのだ。 \n しかしその間、こうしてセレンタインにアガリアの騎士を迎えているとなれば、我が国のためにもう一つそなたに頼みごとをせねばならん。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0006]">うむ、ほとんどな。重ねて言うが、急いで仕上げられるものでもないのだ。 \n しかしその間、こうしてセレンタインにアガリアの騎士を迎えているとなれば、我が国のためにもう一つそなたに頼みごとをせねばならん。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0007]">うむ、ほとんどな。重ねて言うが、急いで仕上げられるものでもないのだ。 \n しかしその間、こうしてセレンタインにアガリアの騎士を迎えているとなれば、我が国のためにもう一つそなたに頼みごとをせねばならん。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0008]">もう一つですって? 陛下、女王もまた私の力を必要としているのですよ。次に戻って来た時には、必ずお返事を頂けますか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0009]">もう一つですって? 陛下、女王もまた私の力を必要としているのですよ。次に戻って来た時には、必ずお返事を頂けますか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0010]">もう一つですって? 陛下、女王もまた私の力を必要としているのですよ。次に戻って来た時には、必ずお返事を頂けますか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0011]">もう一つですって? 陛下、女王もまた私の力を必要としているのですよ。次に戻って来た時には、必ずお返事を頂けますか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0012]">ああ、もちろんだとも。アガリアの民はまこと親切で、思慮深く、名誉に満ちておる。そなたから学ぶことが数多くあるようだな…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0013]">ああ、もちろんだとも。アガリアの民はまこと親切で、思慮深く、名誉に満ちておる。そなたから学ぶことが数多くあるようだな…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0014]">ああ、もちろんだとも。アガリアの民はまこと親切で、思慮深く、名誉に満ちておる。そなたから学ぶことが数多くあるようだな…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0015]">ああ、もちろんだとも。アガリアの民はまこと親切で、思慮深く、名誉に満ちておる。そなたから学ぶことが数多くあるようだな…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0016]">女王にお返事を持ち帰りさえすれば、いくらでもお教えいたしますとも。さあ、私にできることがあれば仰ってください。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0017]">女王にお返事を持ち帰りさえすれば、いくらでもお教えいたしますとも。さあ、私にできることがあれば仰ってください。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0018]">女王にお返事を持ち帰りさえすれば、いくらでもお教えいたしますとも。さあ、私にできることがあれば仰ってください。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0019]">女王にお返事を持ち帰りさえすれば、いくらでもお教えいたしますとも。さあ、私にできることがあれば仰ってください。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0020]">余の娘のことだ。余は姫をトラーグにいるウトラグに嫁がせるつもりでな…帝国の南に暮らす馬賊の王にだ。この婚姻は、偉大なる同盟の先駆けとなろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0021]">余の娘のことだ。余は姫をトラーグにいるウトラグに嫁がせるつもりでな…帝国の南に暮らす馬賊の王にだ。この婚姻は、偉大なる同盟の先駆けとなろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0022]">余の娘のことだ。余は姫をトラーグにいるウトラグに嫁がせるつもりでな…帝国の南に暮らす馬賊の王にだ。この婚姻は、偉大なる同盟の先駆けとなろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0023]">余の娘のことだ。余は姫をトラーグにいるウトラグに嫁がせるつもりでな…帝国の南に暮らす馬賊の王にだ。この婚姻は、偉大なる同盟の先駆けとなろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0024]">その協定に、私がどうお役に立てると?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0025]">その協定に、私がどうお役に立てると?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0026]">その協定に、私がどうお役に立てると?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0027]">その協定に、私がどうお役に立てると?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0028]">姫には護衛が必要なのだ。 そなたにはバーセルにいる姫を迎えに行き、無事トラーグまで連れて行ってもらいたい。短い上に、安全な旅だ。危険はなにもないはずだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0029]">姫には護衛が必要なのだ。 そなたにはバーセルにいる姫を迎えに行き、無事トラーグまで連れて行ってもらいたい。短い上に、安全な旅だ。危険はなにもないはずだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0030]">姫には護衛が必要なのだ。 そなたにはバーセルにいる姫を迎えに行き、無事トラーグまで連れて行ってもらいたい。短い上に、安全な旅だ。危険はなにもないはずだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0031]">姫には護衛が必要なのだ。 そなたにはバーセルにいる姫を迎えに行き、無事トラーグまで連れて行ってもらいたい。短い上に、安全な旅だ。危険はなにもないはずだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0032]">それほど安全とおっしゃるなら、なぜ私を必要となさるのです?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0033]">それほど安全とおっしゃるなら、なぜ私を必要となさるのです?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0034]">それほど安全とおっしゃるなら、なぜ私を必要となさるのです?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0035]">それほど安全とおっしゃるなら、なぜ私を必要となさるのです?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0036]">うむ、わからぬか。余の娘セルフィーンはな、この協定をあまりよく思っておらんのだ。ウトラグ卿との婚約も望んでおらぬようでな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0037]">うむ、わからぬか。余の娘セルフィーンはな、この協定をあまりよく思っておらんのだ。ウトラグ卿との婚約も望んでおらぬようでな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0038]">うむ、わからぬか。余の娘セルフィーンはな、この協定をあまりよく思っておらんのだ。ウトラグ卿との婚約も望んでおらぬようでな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0039]">うむ、わからぬか。余の娘セルフィーンはな、この協定をあまりよく思っておらんのだ。ウトラグ卿との婚約も望んでおらぬようでな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0040]">では姫の御心を変えよと? それなら仲人を探すべきです、騎士には荷が重いでしょう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0041]">では姫の御心を変えよと? それなら仲人を探すべきです、騎士には荷が重いでしょう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0042]">では姫の御心を変えよと? それなら仲人を探すべきです、騎士には荷が重いでしょう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0043]">では姫の御心を変えよと? それなら仲人を探すべきです、騎士には荷が重いでしょう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0044]">そうではない! そなたの国のもっともすぐれた騎士であっても、セルフィーンの気持ちを変えることなどできまい! \n ただな、この件に関しては余の兵があてにならんからなのだ。あやつらは姫に簡単にそそのかされるだろうからな。しかし……アガリアの騎士となれば話は別であろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0045]">そうではない! そなたの国のもっともすぐれた騎士であっても、セルフィーンの気持ちを変えることなどできまい! \n ただな、この件に関しては余の兵があてにならんからなのだ。あやつらは姫に簡単にそそのかされるだろうからな。しかし……アガリアの騎士となれば話は別であろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0046]">そうではない! そなたの国のもっともすぐれた騎士であっても、セルフィーンの気持ちを変えることなどできまい! \n ただな、この件に関しては余の兵があてにならんからなのだ。あやつらは姫に簡単にそそのかされるだろうからな。しかし……アガリアの騎士となれば話は別であろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0047]">そうではない! そなたの国のもっともすぐれた騎士であっても、セルフィーンの気持ちを変えることなどできまい! \n ただな、この件に関しては余の兵があてにならんからなのだ。あやつらは姫に簡単にそそのかされるだろうからな。しかし……アガリアの騎士となれば話は別であろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0048]">よくわかりました、陛下。使命は確かにお受けいたします。ですが、次に戻る時には、きっとお返事を聞かせていただきますよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0049]">よくわかりました、陛下。使命は確かにお受けいたします。ですが、次に戻る時には、きっとお返事を聞かせていただきますよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0050]">よくわかりました、陛下。使命は確かにお受けいたします。ですが、次に戻る時には、きっとお返事を聞かせていただきますよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q0I4a_0051]">よくわかりました、陛下。使命は確かにお受けいたします。ですが、次に戻る時には、きっとお返事を聞かせていただきますよ。</Text>
 
</TextLibrary>