※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<?xml version="1.0"?>
<TextLibrary>
 
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_NAME0]">ダークハンター</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_NAME1]">カルカス</Text>
 
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0000]">オークと戦って時間を無駄にしたくはない!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0001]">オークと戦って時間を無駄にしたくはない!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0002]">オークと戦って時間を無駄にしたくはない!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0003]">オークと戦って時間を無駄にしたくはない!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0004]">おー、そうかー。それじゃー、オレたちドワーフにはー、こんな例えがあるー。 \n 出来事はトンネルの如しー。全部繋がっているんだー。オマエのアンデッドー、オレのオークー、すべてはー同じ話の一部分なんだー、それがー…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0005]">おー、そうかー。それじゃー、オレたちドワーフにはー、こんな例えがあるー。 \n 出来事はトンネルの如しー。全部繋がっているんだー。オマエのアンデッドー、オレのオークー、すべてはー同じ話の一部分なんだー、それがー…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0006]">おー、そうかー。それじゃー、オレたちドワーフにはー、こんな例えがあるー。 \n 出来事はトンネルの如しー。全部繋がっているんだー。オマエのアンデッドー、オレのオークー、すべてはー同じ話の一部分なんだー、それがー…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0007]">おー、そうかー。それじゃー、オレたちドワーフにはー、こんな例えがあるー。 \n 出来事はトンネルの如しー。全部繋がっているんだー。オマエのアンデッドー、オレのオークー、すべてはー同じ話の一部分なんだー、それがー…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0008]">カルカス、そんなバカげた話聞いたことが無いぞ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0009]">カルカス、そんなバカげた話聞いたことが無いぞ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0010]">カルカス、そんなバカげた話聞いたことが無いぞ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0011]">カルカス、そんなバカげた話聞いたことが無いぞ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0012]">いいやー、ニーチャンー、全然バカじゃないぞー。ちょうどトンネルみたいにー、時々どう繋がっているのかー、分からなくなるじゃないかー。道がー曲がりくねっているからー…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0013]">いいやー、ニーチャンー、全然バカじゃないぞー。ちょうどトンネルみたいにー、時々どう繋がっているのかー、分からなくなるじゃないかー。道がー曲がりくねっているからー…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0014]">いいやー、ニーチャンー、全然バカじゃないぞー。ちょうどトンネルみたいにー、時々どう繋がっているのかー、分からなくなるじゃないかー。道がー曲がりくねっているからー…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0015]">いいやー、ニーチャンー、全然バカじゃないぞー。ちょうどトンネルみたいにー、時々どう繋がっているのかー、分からなくなるじゃないかー。道がー曲がりくねっているからー…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0016]">トンネルの話はもういい!あんたが黙ったらオークと戦おう…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0017]">トンネルの話はもういい!あんたが黙ったらオークと戦おう…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0018]">トンネルの話はもういい!あんたが黙ったらオークと戦おう…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q1Q0b_0019]">トンネルの話はもういい!あんたが黙ったらオークと戦おう…。</Text>
 
</TextLibrary>