※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<?xml version="1.0"?>
<TextLibrary>
 
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_NAME1]">女王タイタニア</Text>
 
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0000]">あなたはもう歓迎されません。若きアガリア人よ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0001]">あなたはもう歓迎されません。若きアガリア人よ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0002]">あなたはもう歓迎されません。若きアガリア人よ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0003]">あなたはもう歓迎されません。若きアガリア人よ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0004]">お許しください、陛下。私は皆を救いたいだけなのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0005]">お許しください、陛下。私は皆を救いたいだけなのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0006]">お許しください、陛下。私は皆を救いたいだけなのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0007]">お許しください、陛下。私は皆を救いたいだけなのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0008]">ミノタウルスの神、サルテクを蘇らせることによってですか? \n サルテクはアンデッドが行った破壊の10倍は酷いことをしてきたのですよ!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0009]">ミノタウルスの神、サルテクを蘇らせることによってですか? \n サルテクはアンデッドが行った破壊の10倍は酷いことをしてきたのですよ!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0010]">ミノタウルスの神、サルテクを蘇らせることによってですか? \n サルテクはアンデッドが行った破壊の10倍は酷いことをしてきたのですよ!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0011]">ミノタウルスの神、サルテクを蘇らせることによってですか? \n サルテクはアンデッドが行った破壊の10倍は酷いことをしてきたのですよ!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0012]">アンデッドの脅威は過去のものではなく、これから起こりうる事なのです、陛下。 \n 私は、この攻撃の背後にロード・バーンの大きな計略があるのではないかと恐れております。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0013]">アンデッドの脅威は過去のものではなく、これから起こりうる事なのです、陛下。 \n 私は、この攻撃の背後にロード・バーンの大きな計略があるのではないかと恐れております。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0014]">アンデッドの脅威は過去のものではなく、これから起こりうる事なのです、陛下。 \n 私は、この攻撃の背後にロード・バーンの大きな計略があるのではないかと恐れております。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0015]">アンデッドの脅威は過去のものではなく、これから起こりうる事なのです、陛下。 \n 私は、この攻撃の背後にロード・バーンの大きな計略があるのではないかと恐れております。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0016]">ではあなたは恐れと疑いを基に、我が王国を荒らし衛兵を攻撃したのですか? \n あなたがたアガリアの民は野蛮人です!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0017]">ではあなたは恐れと疑いを基に、我が王国を荒らし衛兵を攻撃したのですか? \n あなたがたアガリアの民は野蛮人です!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0018]">ではあなたは恐れと疑いを基に、我が王国を荒らし衛兵を攻撃したのですか? \n あなたがたアガリアの民は野蛮人です!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0019]">ではあなたは恐れと疑いを基に、我が王国を荒らし衛兵を攻撃したのですか? \n あなたがたアガリアの民は野蛮人です!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0020]">陛下、私はこの問題を議論しに参ったわけではありません。謝罪のため、そして私の盗んだオーブに代わるものを収めて頂きたく、参りました。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0021]">陛下、私はこの問題を議論しに参ったわけではありません。謝罪のため、そして私の盗んだオーブに代わるものを収めて頂きたく、参りました。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0022]">陛下、私はこの問題を議論しに参ったわけではありません。謝罪のため、そして私の盗んだオーブに代わるものを収めて頂きたく、参りました。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0023]">陛下、私はこの問題を議論しに参ったわけではありません。謝罪のため、そして私の盗んだオーブに代わるものを収めて頂きたく、参りました。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0024]">オーブとはありがたい贈り物ですね。ですが、あなたが引き起こした亀裂を修復するには、長い時間が掛かるでしょう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0025]">オーブとはありがたい贈り物ですね。ですが、あなたが引き起こした亀裂を修復するには、長い時間が掛かるでしょう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0026]">オーブとはありがたい贈り物ですね。ですが、あなたが引き起こした亀裂を修復するには、長い時間が掛かるでしょう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0027]">オーブとはありがたい贈り物ですね。ですが、あなたが引き起こした亀裂を修復するには、長い時間が掛かるでしょう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0028]">これにて失礼いたします、陛下。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0029]">これにて失礼いたします、陛下。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0030]">これにて失礼いたします、陛下。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2I6b_0031]">これにて失礼いたします、陛下。</Text>
 
</TextLibrary>