※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<?xml version="1.0"?>
<TextLibrary>
 
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_NAME1]">女王タイタニア</Text>
 
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0000]">元気そうで何よりです、若きアガリア人よ。 \n どのような用件でシルバーミルに来たのでしょう?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0001]">元気そうで何よりです、若きアガリア人よ。 \n どのような用件でシルバーミルに来たのでしょう?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0002]">元気そうで何よりです、若きアガリア人よ。 \n どのような用件でシルバーミルに来たのでしょう?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0003]">元気そうで何よりです、若きアガリア人よ。 \n どのような用件でシルバーミルに来たのでしょう?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0004]">一つお尋ねしてよろしいですか、陛下。私はシーイング・ツリーの頂上にある、目が必要なのです。 \n 頼みを請うのはためらわれますが、民の命に関わることなのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0005]">一つお尋ねしてよろしいですか、陛下。私はシーイング・ツリーの頂上にある、目が必要なのです。 \n 頼みを請うのはためらわれますが、民の命に関わることなのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0006]">一つお尋ねしてよろしいですか、陛下。私はシーイング・ツリーの頂上にある、目が必要なのです。 \n 頼みを請うのはためらわれますが、民の命に関わることなのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0007]">一つお尋ねしてよろしいですか、陛下。私はシーイング・ツリーの頂上にある、目が必要なのです。 \n 頼みを請うのはためらわれますが、民の命に関わることなのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0008]">あの目ですか?あの目は我々の森を数世紀に渡り守り続けているのです。 \n 残念ですが、あなたに差し上げることはできません。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0009]">あの目ですか?あの目は我々の森を数世紀に渡り守り続けているのです。 \n 残念ですが、あなたに差し上げることはできません。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0010]">あの目ですか?あの目は我々の森を数世紀に渡り守り続けているのです。 \n 残念ですが、あなたに差し上げることはできません。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0011]">あの目ですか?あの目は我々の森を数世紀に渡り守り続けているのです。 \n 残念ですが、あなたに差し上げることはできません。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0012]">お売りいただくことはできないでしょうか、陛下。 \n お金ならあります…。…私にできることなら何でも奉仕いたしますので…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0013]">お売りいただくことはできないでしょうか、陛下。 \n お金ならあります…。…できることなら何でも奉仕いたしますので…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0014]">お売りいただくことはできないでしょうか、陛下。 \n お金ならあります…。…私にできることなら何でも奉仕いたしますので…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0015]">お売りいただくことはできないでしょうか、陛下。 \n お金ならあります…。…できることなら何でも奉仕いたしますので…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0016]">あの目は売り物ではありません。我々には必要なものなのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0017]">あの目は売り物ではありません。我々には必要なものなのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0018]">あの目は売り物ではありません。我々には必要なものなのです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q3c_0019]">あの目は売り物ではありません。我々には必要なものなのです。</Text>
 
</TextLibrary>