※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<?xml version="1.0"?>
<TextLibrary>
 
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_NAME1]">ダークハンター</Text>
 
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0000]">待て!俺はこの地に立ち入ることはできない。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0001]">待て!俺はこの地に立ち入ることはできない。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0002]">待て!俺はこの地に立ち入ることはできない。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0003]">待て!俺はこの地に立ち入ることはできない。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0004]">グレイサーン卿は、もうあなたのことを許しているはずです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0005]">グレイサーン卿は、もうお前のことを許しているはずさ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0006]">グレイサーン卿は、もう貴方のことを許しているはずですわ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0007]">グレイサーン卿は、もうあんたのことを許しているはずだわ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0008]">グレイサーンは俺のことを許しはしないだろう。俺も自分のことは決して許せないのだから。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0009]">グレイサーンは俺のことを許しはしないだろう。俺も自分のことは決して許せないのだから。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0010]">グレイサーンは俺のことを許しはしないだろう。俺も自分のことは決して許せないのだから。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0011]">グレイサーンは俺のことを許しはしないだろう。俺も自分のことは決して許せないのだから。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0012]">私達は一緒に長い間旅をしてきました、サイラス。あなたはこのことについて、未だ全てを語ってはくれません。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0013]">俺達は一緒に長い間旅をしてきた、そうだろサイラス。お前はこのことについて、まだ全部を語ってくれてねぇ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0014]">私達は一緒に長い間旅をしてきましたわ、サイラス。貴方はこのことについて、未だ全てを語ってはくれませんわね。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0015]">私達は一緒に長い間旅をしてきたわ、サイラス。あんたはこのことについて、未だに全部は語ってはくれてないのよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0016]">ああ、そうだったな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0017]">ああ、そうだったな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0018]">ああ、そうだったな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0019]">ああ、そうだったな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0020]">これは意見ではありません、サイラス、これはお願いです。あなたは幾度もアガリアを救ってくれた。今度は私達があなたを助ける番です。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0021]">別に意見してるわけじゃないんだ、サイラス、これはお願いなんだが。 お前は何度もアガリアを救ってくれた。今度は俺達がお前を助ける番だぜ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0022]">これは意見ではありませんわ、サイラス、これはお願いなのです。 貴方は幾度もアガリアを救ってくれました。今度は私達が貴方を助ける番ですわ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0023]">別に意見してるわけじゃないのよ、サイラス、これはお願いなの。 あんたは幾度もアガリアを救ってくれた。今度は私達があんたを助ける番だと思うの。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0024]">お前達には俺を救うことはできない。アガリアも、誰も。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0025]">お前達には俺を救うことはできない。アガリアも、誰も。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0026]">お前達には俺を救うことはできない。アガリアも、誰も。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0027]">お前達には俺を救うことはできない。アガリアも、誰も。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0028]">サイラス…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0029]">サイラス…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0030]">サイラス…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0031]">サイラス…。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0032]">ああ、仕方ない、独りにはしてくれそうにないな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0033]">ああ、仕方ない、独りにはしてくれそうにないな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0034]">ああ、仕方ない、独りにはしてくれそうにないな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0035]">ああ、仕方ない、独りにはしてくれそうにないな。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0036]">俺はマエセルバーグの君主、グレイサーン卿の娘と恋に落ちた。俺達はグレイサーン卿の意向に反し婚約した。彼は自分の愛娘を「混血」とは結婚させたくなかったようだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0037]">俺はマエセルバーグの君主、グレイサーン卿の娘と恋に落ちた。俺達はグレイサーン卿の意向に反し婚約した。彼は自分の愛娘を「混血」とは結婚させたくなかったようだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0038]">俺はマエセルバーグの君主、グレイサーン卿の娘と恋に落ちた。俺達はグレイサーン卿の意向に反し婚約した。彼は自分の愛娘を「混血」とは結婚させたくなかったようだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0039]">俺はマエセルバーグの君主、グレイサーン卿の娘と恋に落ちた。俺達はグレイサーン卿の意向に反し婚約した。彼は自分の愛娘を「混血」とは結婚させたくなかったようだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0040]">俺達はある夜に駆け落ちをした。西のドラケンブルグへ行き、いつかグレイサーン卿が俺達の帰郷を許してくれるまで、そこに住もうと思っていたんだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0041]">俺達はある夜に駆け落ちをした。西のドラケンブルグへ行き、いつかグレイサーン卿が俺達の帰郷を許してくれるまで、そこに住もうと思っていたんだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0042]">俺達はある夜に駆け落ちをした。西のドラケンブルグへ行き、いつかグレイサーン卿が俺達の帰郷を許してくれるまで、そこに住もうと思っていたんだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0043]">俺達はある夜に駆け落ちをした。西のドラケンブルグへ行き、いつかグレイサーン卿が俺達の帰郷を許してくれるまで、そこに住もうと思っていたんだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0044]">だがそこへ向かう途中、スケルハイムの近くで、魔術師の足跡を見つけ愚かにも跡を追ってしまったのだ。途中で魔術師を討伐しても旅に支障は無いと考えていた。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0045]">だがそこへ向かう途中、スケルハイムの近くで、魔術師の足跡を見つけ愚かにも跡を追ってしまったのだ。途中で魔術師を討伐しても旅に支障は無いと考えていた。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0046]">だがそこへ向かう途中、スケルハイムの近くで、魔術師の足跡を見つけ愚かにも跡を追ってしまったのだ。途中で魔術師を討伐しても旅に支障は無いと考えていた。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0047]">だがそこへ向かう途中、スケルハイムの近くで、魔術師の足跡を見つけ愚かにも跡を追ってしまったのだ。途中で魔術師を討伐しても旅に支障は無いと考えていた。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0048]">俺は魔術師を倒したが、そいつはもういちど立ち上がり、さらなる強力な攻撃をしてきた。何が起こったか良く分からないうちに、リアンドラは俺の腕の中で死に、ワイトたちが俺達を取り囲んでいた。 \n 俺はかろうじてそこから逃げることができたが、その後、彼女の父親に返すべき亡骸を見つけることはできなかった。グレイサーン卿には俺を忌み嫌う権利がある。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0049]">俺は魔術師を倒したが、そいつはもういちど立ち上がり、さらなる強力な攻撃をしてきた。何が起こったか良く分からないうちに、リアンドラは俺の腕の中で死に、ワイトたちが俺達を取り囲んでいた。 \n 俺はかろうじてそこから逃げることができたが、その後、彼女の父親に返すべき亡骸を見つけることはできなかった。グレイサーン卿には俺を忌み嫌う権利がある。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0050]">俺は魔術師を倒したが、そいつはもういちど立ち上がり、さらなる強力な攻撃をしてきた。何が起こったか良く分からないうちに、リアンドラは俺の腕の中で死に、ワイトたちが俺達を取り囲んでいた。 \n 俺はかろうじてそこから逃げることができたが、その後、彼女の父親に返すべき亡骸を見つけることはできなかった。グレイサーン卿には俺を忌み嫌う権利がある。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0051]">俺は魔術師を倒したが、そいつはもういちど立ち上がり、さらなる強力な攻撃をしてきた。何が起こったか良く分からないうちに、リアンドラは俺の腕の中で死に、ワイトたちが俺達を取り囲んでいた。 \n 俺はかろうじてそこから逃げることができたが、その後、彼女の父親に返すべき亡骸を見つけることはできなかった。グレイサーン卿には俺を忌み嫌う権利がある。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0052]">サイラス、あなたは約束を守ってくれました。少しでも事が良い方向へ向かうように、できることなら何でもしますよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0053]">サイラス、お前は約束を守ってくれたんだ。少しでも事が良い方向へ向かうように、できることなら何でもしてやるぜ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0054]">サイラス、貴方は約束を守ってくれました。少しでも事が良い方向へ向かうように、できることなら何でもしますわ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q2Q8b_0055]">サイラス、あんたは約束を守ってくれたわね。少しでも事が良い方向へ向かうように、できることなら何でもするわよ。</Text>
 
</TextLibrary>