※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<?xml version="1.0"?>
<TextLibrary>
 
   <Text tag="[Conv_QS00b_NAME1]">セレンティス皇帝</Text>
 
   <Text tag="[Conv_QS00b_0000]">セレンティス帝! あなたは自分の娘を誘拐したのです!</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0001]">セレンティス! お前は自分の娘を誘拐したんだ!</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0002]">セレンティス帝! あなたは自分の娘を誘拐したのです!</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0003]">セレンティス帝! あなたは自分の娘を誘拐したのよ!</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0004]">あれは余の娘だ。あれをどうしようと余の勝手ではないか。それに婚礼の途中で娘を誘拐したのは、うぬの方ではないか!</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0005]">あれは余の娘だ。あれをどうしようと余の勝手ではないか。それに婚礼の途中で娘を誘拐したのは、うぬの方ではないか!</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0006]">あれは余の娘だ。あれをどうしようと余の勝手ではないか。それに婚礼の途中で娘を誘拐したのは、うぬの方ではないか!</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0007]">あれは余の娘だ。あれをどうしようと余の勝手ではないか。それに婚礼の途中で娘を誘拐したのは、うぬの方ではないか!</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0008]">セルフィーン姫は逃走するのに私の助けを必要としなかった、それはあなたも知っているはずです。</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0009]">セルフィーン姫は逃走するのに俺の助けを必要としなかった、そいつはお前も知っているはずだ。</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0010]">セルフィーン姫は逃走するのに私の助けを必要としなかった、それはあなたも知っているはずでしょう。</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0011]">セルフィーン姫は逃走するのに私の助けを必要としなかったわ、それはあなたも知っているはずよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0012]">この小童風情が!セルフィーンは帝国の財産なのだ。そしてその帝国は余が支配しておる。 \n セルフィーンは南の蛮族どもと取引をするための商品でしかないのだ。うぬは娘を誘拐した、その愚かな行為は万死に値する!さぁ、罪を償ってもらうぞ。</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0013]">この小童風情が!セルフィーンは帝国の財産なのだ。そしてその帝国は余が支配しておる。 \n セルフィーンは南の蛮族どもと取引をするための商品でしかないのだ。うぬは娘を誘拐した、その愚かな行為は万死に値する!さぁ、罪を償ってもらうぞ。</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0014]">この小娘風情が!セルフィーンは帝国の財産なのだ。そしてその帝国は余が支配しておる。 \n セルフィーンは南の蛮族どもと取引をするための商品でしかないのだ。うぬは娘を誘拐した、その愚かな行為は万死に値する!さぁ、罪を償ってもらうぞ。</Text>
   <Text tag="[Conv_QS00b_0015]">この小娘風情が!セルフィーンは帝国の財産なのだ。そしてその帝国は余が支配しておる。 \n セルフィーンは南の蛮族どもと取引をするための商品でしかないのだ。うぬは娘を誘拐した、その愚かな行為は万死に値する!さぁ、罪を償ってもらうぞ。</Text>
 
</TextLibrary>