※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おすすめカスタムクラス~近距離戦


メイン武器/装備品 MP5A5/レッドドットサイト
予備武器/装備品 M9/なし
特殊手榴弾 スタングレネード
パーク1 スタン×3
パーク2 動力を止めろ
パーク3 殉教
近~中距離戦の多いCrash・Shipment・Vacant・WetWorkなどにオススメ。
元々腰だめ撃ちでの性能の高いMP5なら、わざわざ照準安定をつけなくても接近戦での勝率はあまり変わらない。確実に当てることで相手を倒そう。
M9はMP5と同じ弾を使っているので、装備するだけで予備弾+30(サイレンサーの弾は特殊弾扱いになるためサプレッサーを外しておかないと弾が増えないため注意)
ドミネーション・司令部では非常に有効。
スタンとの相性がとてもよい。
司令部ではフラグ→突撃→1~2キル→殺される→殉教 の流れで5キルはいただける。
とりあえず迷ったらこの装備。

メイン武器/装備品 AK-74u/装備無し
予備武器/装備品 M1911,45/
特殊手榴弾 スタングレネード
パーク1 弾薬帯
パーク2 動力を止めろ
パーク3 体力絶好調
超攻撃型の近~中距離カスタム。 
元々の威力が高いため、至近距離なら2枚抜き、もしくは3枚抜きでも可能な頼りになる装備。
レッドドットサイトをこの武器につけると、デメリット(エイム時のブレが大きくなったり、威力減衰をおこす)
だらけなので、何もつけないのが一番良い。
ただし、SMGの中では射撃時のブレは多い方なので慣れるまで時間がかかるだろう。
中~上級者向け。
武器選択時に表示されているグラフは結構メチャメチャで、連射性能や瞬発力などはMP5とほぼ変わらないだろう。
中距離で威力が落ちても、動力のおかげでバシバシ倒せる。
共有できる弾がない+使っている人が少ない ということから、弾薬帯は必須となる。弾数を気にせずどんどん叩き込もう。(もしくは死ぬことを前提にするならスタンがオススメ。)
Ambush・Backlot・Crash・District・Showdownなどでオススメ。
M1911は弾数こそ少ないが、エイムがうまい人には強力なのでオススメ。拳銃は基本自由でもいいだろう。
SMG共通だが中距離戦で戦うには不利。近距離での勝負が主体のため体力絶好調で相手の懐に飛び込むことを心がけよう。

メイン武器/装備品 Skorpion/レッドドットサイトorサイレンサー
予備武器/装備品 USP.45/なしorサイレンサー
特殊手榴弾 スタングレネード
パーク1 弾薬帯
パーク2 巧妙な手口
パーク3 デッドサイレンス
上級者向け近距離カスタム。少しでも距離があると威力減衰の激しい蠍で無双しましょう。
スコーピオンの特徴として
メリット
1:射撃時のブレがほぼ全くない
(銃の跳ね上がりが全く気にならないレベル)
2:至近距離ではSMGの中ではトップクラスの強さ
(伊達に蠍なんて名前じゃないですから)
3:アイアンサイトの見やすさ
(ほとんど銃がブレない上に、サイトの形が鋭く小さいので遠くの敵も正確に捉えられる
視界の邪魔になりにくい形なので激しく銃を動かした時でも良く正面が見える)

デメリット
1:装弾数の少なさ
(予測を付けて腰溜めで撃ちながら突入したり、狭い部屋で多数を相手にする時にやるような
腰溜め乱射はきついものがある)
2:リロードの遅さ(これは感覚的にそう感じるだけなのかもしれないが)
(装弾数が少ない割に他の銃と同じぐらいリロード時間がかかるので相対的に遅く感じるとか感じないとか)
3:少しでも相手との距離があると威力減衰が高い。
(特にS&Dのような見敵必殺かつ先手必勝が鉄則なゲームでは結構なハンデになってしまう)
4:慣れすぎると他の武器を使う時に戸惑いやすい
(全てに共通する話ではあるのだが、スコーピオンは特に反動が少ないため
この銃だけに慣れてしまうと、他のSMGやARを使ったときになかなか当たらなくて困る事が多い。
また、ブレが少ない故にうまく使えないというような事も時々あるので意外と人を選ぶ)

といった特徴があり、特に距離による威力減衰、装弾数の少なさといったところから使う人は少ない。

敵と中距離以上離れていると、正面で撃ち勝つのは非常に困難。敵との出くわしを狙った立ち回りで攻めていこう。中距離以上で敵に視認されたと思ったら逃げるが勝ち。
しかし、超至近距離~近距離での威力はとても強い。てか変態。
巧妙な手口でキル→リロード→キル→リロード と隙を作ることなく戦うことができます。

アイアンサイトはAKシリーズ並みに見やすいので、サイレンサーをつけて隠密プレイというのもオススメ。

巧妙な手口を使わない場合(スコピにサイレンサーを付けてパークに動力を付ける時など)は
敵との距離を詰めなければなりませんが
サイレンサーを付けている事もあって、意外と敵の奥深くまで食い込めてしまいます。
そうなってくると、メイン武器のリロードの遅さから敵の多い区域でハンドガンでの戦闘継続を強いられる事がよくあります。
なので、スコーピオンのサイレンサー仕様を使う時にはハンドガンの腕前がかなり重要になってきます。
この武器に限った話ではないですが、普段からハンドガンでの戦闘に慣れておくとよいでしょう。


メイン武器/装備品 M1014/グリップorなし
予備武器/装備品 デザートイーグル
特殊手榴弾 スモークグレネードorスタン
パーク1 装備不可(グリップ非装備時にはスタン×3)
パーク2 動力を止めろor巧妙な手口
パーク3 照準安定or体力絶好調

これが近距離戦用なのはいうまでもないですね。遠距離はフラグで対抗してみましょう。W1200も全然オススメですが、このクラスでは連射式の方で。漢なら連射などせずに1発でしとめる方がかっこいいですが。ショットガンにグリップは必須・・・というわけではありません。確かにグリップがあると集団率もよくなるため有りですが、パーク1がつぶれるというデメリットもあります。
グリップ装備時、照準安定装備時は、必ず腰ダメで撃つこと。この2つで腰だめでの集団率がかなり高くなっており、少し距離があっても1撃で倒せることが多い。
プライベートマッチとかで壁に試し撃ちをしてみると分かるのですが、グリップは手ブレ低減+集団率アップします。照準安定も集団率が上がります。
巧妙な手口はリロード時間短縮の理由でつけるのもよし。

武器選択時に表示されるグラフの攻撃力はスラグ1発(弾1発の威力)のことです。つまり至近距離においてはM14並の弾を複数同時発射しているわけですから、断然集団率が高い方がいいですね。

グリップ非装着時には、撃つ瞬間だけエイムするという方法を身につけましょう。エイムすることによって一撃必殺の距離が伸びるためです。スタンで相手の動きが鈍っているところをしとめるという方法が出来るのもグリップ非装着時の特徴です。撃つ瞬間にエイムをして撃つ方には体力絶好調で敵陣に早く切り込むのがオススメ。

またスモークを敵前線に投げて、そこに突っ込んで行き、無双をする というのもおもしろいかと思います。なかなかオススメ  一度試してみてください。


メイン武器/装備品 W1200/なし
予備武器/装備品 デザートイーグル
特殊手榴弾 スタン
パーク1 スタン×3)
パーク2 ダブルタップ
パーク3 体力絶好調

中級~上級者向けのカスタム
基本的なこと、特にクリップをつけての戦いなら↑のカスタムクラスとほぼ変わらないのですが、違うところはダブルタップという点についてです。ショットガンでW1200にはダブルタップが適用されるため、連射の感覚が早くなり、かなり強いです。

撃つ瞬間だけエイムするという方法を身につけましょう。この動作ほぼ必須になる可能性も。
これはエイムすることによって一撃必殺の距離が伸びるためです。ショットガンの時にはスタンは相棒です。積極的に使って相手の懐に飛び込みましょう。ダッシュ中には攻撃ができなくなるというのはどの武器でもあることですが、ダッシュ中にジャンプすることで硬直時間が解除され、すぐに銃を撃てるようになるという方法があるので、もしショットガンでダッシュしてる時に敵と遭遇してしまった場合、すぐにジャンプして空中で撃つ瞬間だけエイムして敵を倒しましょう。これはかなり使えます。

オススメです
|