チャットシステム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PSOのチャットは、キャラクターから吹き出しが出るのが一番の特徴
また、以下のようなコミュニケーション機能がある


ショートカット

あらかじめセリフをショートカットに登録しておく方法が存在した。ファンクションキーの12個と方向キーの四方、さらにその表裏の合計20個登録できた。
コンシューマ版ではキーボードを持っていないプレイヤーは打ち込む速度が遅いため、挨拶やお礼などはそういったショートカットに登録しておいたり、ワードセレクトを使用したりしてしのいでいた。ボス戦まえなどに決め台詞を言うなどという使い方もある。

とくにコンシューマ版では変換履歴履歴が残らないためキーボードがあっても日本語は変換まで含めれば入力が難しかったのである。また変換にはおもしろいものがあり、「あかいわのりこ」や「ともだちくるんですけど」などのネタも存在し、中裕司や対共産圏輸出統制委員会などの固有名詞や専門用語を一発変換することもできた。

シンボルチャット

様々な記号をあわせ、絵文字を作成できる。音や簡単な挨拶、シンボルなどのセリフも一覧から選択できた。
本来は顔などで表情を表すためのものであるがそれだけにとどまらず、キャラクターや動物などを作る職人も存在した
これらが描写されるスピードも設定でき、最速だと一瞬で表示されるがゆっくりだと描写されるのに時間が掛かる。
チートで無音のものや大量の記号をつかったものも出回っていた。
なおシンボルチャットはキャプチャーという機能があり、これをオンにしておくと、直前にオンになっていたシンボルを見た人がキャプチャーできる機能があった。

ワードセレクト

定型文を組み合わせ会話をする
相手の言語に対応した見え方で見えるので、外国語を知らない場合でも交流することができる
なお、所詮定型文なので機械的になってしまうのは仕方ない。だが、それがいい

アイスアイスアイス
 > みんな

日本語以外の言語だと


と会話してきたが、これはバグやチートではなく、文法の関係上日本語以外では主語から選択していくため現れる。日本語でも主語がない場合英語ではIなどが主語になっているはず。


ボイスチャット

X-BOX版のみに存在する機能
その名の通り、声で会話する
声にエフェクトがかけられるので特定される心配はあまりない

ボイスアクション

EP3のみに存在する機能
様々な効果音を流すことができる
観戦中に流すのも面白い

チームチャット

BBのみに存在する機能でチームシステムの機能の一つ
チーム内のみでの会話ができるものの、これのおかげでロビーでの交流が減ったため一部ではあまり好かれていない

シンプルメール

ギルドカードを使い、遠く離れたプレイヤーに対しメールを送る
また、チョイスサーチによってギルドカードがない相手に対しても送ることができた
BBではチームメンバーから送ることもでき、この場合のみアイテムを送ることもできる。