ニューナンブM60


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニューナンブM60 .38口径回転式拳銃
種類 自衛用拳銃
製造国 日本
設計・製造 ミネベア工業(旧新中央工業)
年代 1960年 - 現代
仕様
種別 リボルバー
口径 .38口径
銃身長 51mmもしくは77mm
ライフリング 5条右回り
使用弾薬 .38スペシャル
装弾数 5発
作動方式 シングル/ダブルアクション
全長 198mm
重量 685g
発射速度 不明
銃口初速 不明
有効射程 50m
歴史
設計年 1951年
製造期間 1960年 - 現在
配備期間 1960年 - 現在
配備先 警視庁・海上保安庁・旧国有鉄道
関連戦争・紛争
バリエーション 51mm銃身型、77mm銃身型それぞれ新旧バリエーションが存在するとされる。

シングルアクション射撃での命中精度は比較的良好であるとされるが、ダブルアクション射撃では不安定とされている。 日本人向けに開発されたと云われるグリップだが、実際に銃を保持すると厚みがあり、グリップ長が短いため小指が掛かりにくい。グリップが割れやすい等の問題もあった。その他、I 型では弾倉を開放する際に使用するラッチ部の形状が小型で薄く、操作性に問題もあった。改良型である II 型はグリップ前面を延長するとともに材質も変更され、ラッチも大型で厚い物に変更となった。

納品時の表面仕上げはブルー仕上げだが、錆の発生などでパーカライジング仕上げ(つや消し)に再処理された物も存在する。

引き金機構はシングル・ダブルアクション両用だが、警察の射撃訓練では主にシングルアクションが用いられる。

安全装置の一つとして、引き金の後ろに填め込んで動きを止める安全ゴムが用意されている。これは日本警察独特の方法であり、ニューナンブM60に限らず多くの回転式拳銃の安全策として採用されているが、各警察本部や部署によって使用基準は異なる。

シベリア特殊部隊ではシノハラビッチ伍長警備司令が護身用として携帯している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。