S&W M500


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 S&W社が2003年に発表した超大型回転式拳銃。
 かつてS&W社は、強力な.44Magnum弾を使用するM29を発表し、その名を世界に轟かせていた。だがデザートイーグル(.50AE)やスーパーレッドホーク(.454カスール)、近年ではレイジングブルなど、他社が更に大型のカートリッジを用いた銃を登場させるにつれ「世界最強の破壊力」の名誉はすっかり色あせていた。更に、大口径主義のアメリカで成長したS&W社の銃はヨーロッパでは受け入れられず、自動拳銃への参入もシグマがグロック社に訴えられるなどケチが付き、衰弱しきった状態でアメリカの市場に戻らざるを得なかった。
 そんなS&W社が、原点回帰とも云うべき自社の魂「世界最強」を目指して開発された銃が、このM500である。

 市販品としては最強の拳銃弾「.500S&W」を使用しマズルエネルギーは.44Magnum弾の3倍(S&W社比)を誇る。そして膨大な反動に耐えうるため、フレームには他の大型拳銃を小型拳銃と見間違わせる程の、超大型Xフレームを新規開発し、その重量は拳銃と呼ぶには疑問を抱くほどである。
 その強烈なインパクトは、一丁あたり1千ドル以上の高値にも拘らず、注文が全米各地から殺到し、発売当初は需要に供給が追いつかなくなる大好評を得て、S&Wの名を再び世に知らしめた。
なお、当部隊ではアーカード・ショボン ◆v.S.2GeT8Yが主要武器として使用している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。