Su-33


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Su-33とは、ロシアのスホーイの製造する戦闘機で、Su-27の艦上戦闘機版である。
非公式な愛称として「シーフランカー」がある。

Su-33の開発は、1970年代に旧ソビエト連邦が考案していた「新型AWACS計画」によって開始された。
当初ソ連はスホーイ、MiG、ヤコブレフに研究を指示した。
このうちミコヤンはMiG-27にアレスティング・フックを取り付けて地上試験を行ったが、機体の旧式化により技術的な問題がある、という結果がでている。
スホーイはT-10(Su-27の原型機)にカナードや着艦フックなどを取り付けテストを行い、1982年に8月28日に模型空母からの発艦に成功している。

Su-27を航空母艦での運用可能な海軍仕様にした試験機は1984年に初飛行した。
この試験機は、Su-27に着艦フックを取り付けるなど、ごく一部の改造を行ったのみであった。
本格的な艦載機仕様の試作機はその後制作され、Su-33Kの名称で1987年8月17日に初飛行した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。