カレイド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

十字軍の将官、

幾度となくシベリアに攻め込み敗退。

Teck 5には(いろんな意味で)世話になっている、
これからは厚生班のペチコネスキー班長の元で世話になるらしい。

指揮がとてつもなく下手で戦の基本を見に付けていない。ヨクショウカンニナレタナ
だいたいこの軍で言う伍長くらい。ペチコネよりザコいと言ううわさあり
(私は弱くないぞ!!ただ仲間がいないだけだ!!あと言い過ぎじゃね?byペチコネ )

戦績


1度目

テロリストと共に挙兵、20000の軍で攻め込む。しかし
Teck 5の送り込んだ刺客によって麻酔で眠らされるもテロリスト軍の救護車によって救助される。
敗退。

2度目

単独で市街地に攻め込み10000の兵でTeck 5近衛騎兵団を襲撃。
しかし歩兵しか用意していなかったため第二軍団の仕掛けた
対人地雷CREYMOERにて甚大被害を被りTeck 5に捕縛され監禁される。
Teck 5の昇進を許した。

3度目

士官希望をして味方に成りすますつもりであった、
スピリトスキーに撃たれ敵意を剥き出しにして攻めた。
戦車と爆撃機、戦闘機のみでの侵攻。捨て身の突撃を行ったが
ショボノフ少尉による間接攻撃、Teck 5開発のミズガルズをモロに喰らい玉砕、
EMPによって大多数の戦力を止められた挙句戦車や武器、戦闘機に船舶までもが
戦利品として押収され10000人以上の死傷者と捕虜を出した。
本人も捕縛されペチコネスキー班長の部下になる。

階級は未定。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。