AN94


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AN94‘アバカン’

ロシア軍が1994年に制式採用した新型突撃銃。開発したのはカラシニコフ氏の弟子のニコノフ氏。
特徴はフルオートや2バースト射撃時に最初の2発を超高速で発射し射撃精度の向上や反動軽減をする機能や、マズル部に最初からサプレッサーが装着されていること。
また、欠点は上記のバースト機能を組み込んだことにより構造が複雑化し生産性が低下し、耐久性も低くなり訓練を積まなければ初期分解すらできなくなっていることである。
ちなみにアバカンとはシベリア南部のアバカン要塞のことでありハスカ共和国の首都の名前もである。
我が部隊では50挺程が納入されたのみに留まっていたが、最近本格的な実戦配備が始まり射撃訓練も開始され、戦闘時に本銃を携えていく兵も少なくはない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。