MiG-21 フィッシュベッド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MiG-21(ミグ21;ロシア語:МиГ-21ミーグ・ドヴァーッツァチ・アヂーン)は、ソ連のミグ設計局が開発した戦闘機。多くの機数が生産され、世界各国に配備がされた。ソ連では三角翼機はしばしばその翼形からバラライカ (ロシアの弦楽器で、三角形の胴体が特徴)と渾名されていたが、MiG-21も例外ではなかった。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフィッシュベッド (Fishbed)。
ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ3世 ◆2ch.0rF0m6が戦闘機として使用している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。