AKM


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

旧ソ連製突撃銃。AK47の改良型。
基本的な構造はほぼ同一だが細かい変更点は意外と多く
生産性と操作性が向上している

大きな変更点をあげるとするならば、
  • マズル先端が斜めに切ったような形になった。
  • 着剣装置が復活した。
  • パヨネットと鞘を組み合わせることで防電ワイヤーカッターとして使えるようになった。

特にワイヤーカッターは後に米軍が取り入れ制式化している。
我が部隊では押収品や保管兵器として倉庫で大量のAKMが保管されていたが、
近年7.62ミリロシアン弾の威力が再評価され再び多くのAKMが実戦の場へと戻ってきている。

我が部隊ではアイヴァン軍曹がレイルシステムなどにより
近代化改修が施されたSOPMOD AKMを使用している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。