SN-42


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SN-42はソビエト軍が第二次世界大戦で使用していたボディアーマーである。
厚さは2mmの鋼板で出来ていて重さは3.5kgで、一部の歩兵とタンクデサントを行う跨乗歩兵(戦車の上に乗って移動する歩兵)に供給された。
その形から「鋼のよだれ掛け」と渾名されていた。
防御力はドイツ軍が使用するMP40の9mmパラベラム弾が100m程度の距離で貫通しないレベルである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。