軽機関銃


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小銃弾を使用する、比較的軽量で個人で運搬可能な機関銃の総称

 もともと機関銃は重い三脚の上に載せ、拠点防衛用の火器として使用されてきた。そうした敵の防衛用火器に対抗するため歩兵とともに前進できる、軽量な機関銃が第一次世界大戦で初めて登場した。これが軽機関銃である。
 第二次世界大戦中にドイツ軍は攻撃用軽機関銃、拠点防衛用機関銃、
対空機関銃、車載機関銃などの役割を、マガジンや三脚の交換で切り替えられるシステムを開発した(MG34・MG42)。これが現在"GPMG"と呼ばれるシステムの原型である。第二次大戦後に開発された機関銃のほとんどがこのシステムに影響を受けている。

 わが部隊では、基地の防衛用機銃や分隊支援火器として配備・運用されている。

適当に編集よろ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。