シュメイス・エリュグレオ


登録日 :20??/??/??(日) ??:??:??
投稿先 :『GDW』投稿用BBS(消滅)
更新日 : 2014/08/16 Sat 00:05:03



名前 シュメイス・エリュグレオ
種族 エリジェルオン(エオケイア系)
体格 身長2.3m
主な能力・地位 レホルリン神獣騎団所属
ケルバニア獣旅団筆頭
親族関係 妻:ビアケイヌ・ニスコーヴ
息子:フレトラス・エリュグレオ
娘:ポピラン・エリュグレオ
主要活躍宙域 テルミノ銀河系イグザ銀河系
スペック Gex8.5
活躍年代 基準時前後
メインページリンク

プロフィール


 父はエリジェルオン・エオケイア種であるが母は混血。父は既に死亡し、母は惑星エルケスに腰を落ち着けている。
 ケルバニア獣旅団の筆頭として知られる人物で、竜をかたどった杖にターバンを巻いた姿をしている。

  神獣族を含め、動物とすぐ仲良くなってしまう と言う不思議な性質の持ち主。
 両親が立ち寄っていた惑星ヌリシェントで生まれており、現地で人になつかないと言われた豹、ヌリハシズ種のラプクルと一瞬で仲良くなってしまうと言う才能の片鱗を見せ、結局彼をパートナーとした。
 しかし、 その後も彼には次々と獣たちがなついてしまい、それを皆連れ歩いているのが現在のケルバニア獣旅団 となっている。
 マルケイオス種のシグレイズはシュメイスの父親と組んでいた竜であるが、今はシュメイスの腹心。そもそもシュメイスの名付け親はシグレイズだ。

 基本的に放浪するのが好きらしく、イグザ銀河系テルミノ銀河系を往復・放浪し、有事あるいは何年かに一度は戻ってくると言う生活を繰り返している。基本的には惑星を襲ったギドラ属やイレギュラーな進化を遂げて暴れた魔獣の類を調伏させて回っており、戦士としての実力も本能の域に達するまでにかなり高く、顔もかなり広い。

 レホルリン神獣騎団にも所属しており、熾将ではないながらその一目置かれ方は熾将に優るとも劣らない。
 妻はレホルリンの鳳熾将テルトア・ニスコーヴの姉ビアケイヌ・ニスコーヴ。既に息子フレトラス・エリュグレオと娘ポピラン・エリュグレオ(両者は双子)をもうけている。

デザイン・プロフィールモチーフはドラゴンクエストⅤの主人公 だ。彼は本当に敵を倒すとそれを仲間にするという能力があるため、エリジェルオン向きかと考え、彼を起点にVの主人公一家はテルミノ銀河系に編入されることになった。
名の由来は、実は昔々白銀が書いていたDQⅤの二次小説における主人公の名前、「シュメイリス・エル・ケル・グランバニア」である。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: