イザガオウ


登録日 :2010/07/14 Wed 09:56
投稿先鰤スレNo.17
更新日 : 2013/10/05 Sat 14:32:59



名前 イザガオウ
種族 ハンディオット
体格 身長177cm
主な能力・地位 ブリガンディゲード団員
親族関係 兄:キルザコル
主要活躍宙域 リーヴァス超銀河系
スペック Gex5.5~Gex9.5(装備開放時)
活躍年代
メインページリンク

プロフィール


 ハンディオットの男子で、人間態では銀髪の長い髪と緋色の鎧が特徴。
 ブリガンディゲードに所属する若手である。
 父親はベルクリットや他種族の間でも名の知られた優れた人物であったが、宇宙竜退治の傷が元で他界し、母親も既に死別していたため、 一時期は不良同然で荒れた生活 を送っていた。
 放浪の傭兵をしている兄キルザコルの方が全然実力が上だったのも不良化の一つの原因だったとも言われている。

 ザイオノイドとして身体能力が極めて高く、聴覚や嗅覚などの感覚器官も非常に優れている。犬形態も取る事は一応可能なのだが、殆どその姿を現した事はないらしい。
 性格は 良くも悪くも一本気で激情家、相手の挑発などにすぐ乗ってしまう傾向 があり、今でも不良の時の気質が抜けないのかフォーマルに振舞うのは苦手。またかなりの負けず嫌いである。
 多少なりとも立ち直ったのはブリガンディゲード副団長格のアプロリア・マグナーテルと出会った事に原因があるようで、彼女に対しては思う所があるようだが、素直に表に出すことはない。

フェブレイクデンス


 イザガオウの装備するアストラルアームズ。
 彼の父親が持っていた剣を元に、リュウ・ボウリグスが様々な能力を与えた剣で、普段は細身だが戦時に抜くと大刀と化す。
 一撃の威力もさることながら、空間の流動を制御する機能があり、強力な亜空間衝撃波を撃ち放ったり、敵のエネルギー攻撃をそのまま跳ね返す事が出来るとされる。
 斬り付けた物体や受けとめた攻撃の性質を分析かつ学習し、可能な限りそれを自動的に武器に反映してさらに攻撃力と強度を強化すると言う特殊な機能も併せ持っている。それにより、剣身が他の超物質と同等の能力を発揮したり、戦ったザイオロードゾアクロイドの能力およびその性質を自身の攻撃の際に再現付与する事も出来る。
 イザガオウ本人は本当はあまり剣術は得意ではなかったらしく、最初は力任せにぶん回すばかりだったが、呆れかえったリュウに徹底的にしごかれ、ようやく使いこなせるようになった。

デザイン・プロフィール :モチーフ元は、『犬夜叉』の主人公格犬夜叉である。半人半犬種族としてのハンディオットを考案した段階で既に腹があったが、実は設定的には兄殺生丸をモチーフにしたキルザコルの方が先行している。
その後、ブリガンディゲード設定が充実するにつれ、犬夜叉をブリガンディゲードに推薦することを思いついて実行したもの。
名の由来は、アニメ版における犬夜叉の母親の名前十六夜と父親の名前闘牙王。
例によってキャラと「抜くと大剣になる刀」という外形を示してアストラルアームズは飛石氏に作っていただいている。(thx!)


この項目が面白かったなら……\ポチッと/