ノーメック


登録日 :2010/09/15 Wed 21:30
投稿先神様(監視者)スレNo.5
更新日 : 2013/09/26 Thu 23:44:04




種族名 ノーメック
所属銀河 クルセア銀河系
所属星間連合 クレヴェノール連合
主活動惑星 惑星ノルメック
所属大系統種 ネオディック大系統竜繊族
所属中系統種
知性水準 監視者
平均体格 平均2m、ただし一生大きくなり続ける
平均寿命 12,000年(ただし戦士カーストは1万年以下、繁殖カーストは2万年以上)
平均出力 Gex6.2(戦士カーストは8.0)
その他特殊 ザイオノイド、性別なし
メインページリンク こちら

種族の特色


 クルセア銀河系、惑星ノルメック出身の竜族系監視者。クレヴェノール銀河連合所属である。
 地理的条件から当初はオーディエル大系統に属すると見られていたが、近年の研究ではむしろリーヴァス超銀河系ネオシスセクトレアム銀河系ルーエントと大系統を一にするネオディック竜繊族であると考えられている。

 種族内でカーストが成立しているのが一つの特徴であり、戦士向き個体、生活担当個体、繁殖担当個体が分かれている(差別はないが)。
 多くの個体には雌雄の区別も生殖能力もなく、 ほんの僅かな繁殖担当者個体が単為生殖で卵をうみ、卵から孵って繁殖する
 このため、〇十人兄弟なんてことはザラで、〇百人兄弟もそこまで珍しくない。
 戦士向け、労働向け、繁殖向けは「先天的に決まっている」能力属性によって割り当てられる。
 なお、行政府の長などは基本的に繁殖向け個体が行うようだ。


 基本的に穏やかで無駄な争いを好まず友好的。また、物を食べず(食べて食べられないこともないのだが)とも水分を摂取していれば健康体を保てる。
 スペックは平均的な個体でもかなり高いのだが、 戦士向け個体の平均はGex8.0と、訓練されたアスレイジュジェムライズのような高等戦神族に匹敵 する。
 ただし、戦士系個体の方が寿命は概して短い(「討死」や「負傷」を捨象しても一般に短いようで、通常個体平均は1万2千年に及ぶのに対し、戦士系個体は原則として平均1万年を切るようだ)。他方、繁殖向け個体は2万年を優に越える寿命を持つ。

 また、一生大きくなり続け、2万年生きた個体は身長5mにも達する。子どもは1.2mにもならないほどのサイズ。年齢的が同じなら戦士向けの方が大柄である。
  再生能力がネオシスと比べても高く、理論上は頭部が無事なら即時再生可能。 ただし即時再生能力の行使はそれ自体かなりの消耗を伴うため、緊急時でない限りはあまり使わない(自然治癒でも腕くらい生えてくる)。生命維持に必要な臓器のない状態で再生に必要な体力を失うとそのまま死亡することもある。

 文明化、惑星環境安定後、戦士向け個体に惑星内ではほとんど用がなくなったことから、 多くの戦士向け個体は宇宙に出て軍人や戦闘向け捜査官、ディガス大使などとして活躍する場合が多い。 戦士向け個体が一般的な職務につくことは、気質的にあまりないようだ。
 ただし、その 気質が転じて転落する個体(戦闘向けをしないと収まらないため)の存在も指摘されている。

 なお、ノルメックは空・陸地、海とも緑色・太陽にあたる惑星が複数あるため、夜はなくもないが少ない。
 当初は、太陽が複数と言う環境下から惑星の軌道が今一つ安定せず、季節が安定せず気候の変動も激しい過酷な惑星であった(ノーメックのすさまじいスペックや水さえ飲めば健康体でいられるのは実はその名残と言われる)が、文明化後は惑星を制御することにより、平穏な惑星環境を手に入れている。
 制御装置は惑星上に配備された7つの球である。

個体設定

個体名 プロフィール
ヴィクロニア 戦士向け個体でも特に強大な個体だが裏社会に通じ、傲慢かつ暴れん坊な性格。更生のためクレイネットに一時師事するも脱走、アトラス銀河系まで逃亡してくるが、それで後のヴェイパース事件で活躍することになる。
(Gma氏提案キャラ、ネタ元:「ドラゴンボール」初期ピッコロ)
クレイネット ノルメイス大賢者の称号を持つノーメックの賢者カーストの個体。ヴィクロニアを一時弟子とするが逃亡されて事実上失脚してしまう。後にシムンを弟子入りさせている。
(Gma氏提案キャラ、ネタ元:「ドラゴンボール」初代神様)
シムン クレヴェノール連合の惑星顧問でクレイネットの弟子。優秀な人材だが強く迫られると屈してしまいやすく過去にはそれで挫折もしている。イグザ銀河系の名顧問、ステア・ヤーデルンに憧れている。
(ネタ元:「ドラゴンボール」デンデ)
メジーマ クルセア銀河系の普段はクールに振る舞うが戦時には好戦的な面をのぞかせるブリガンディゲード団員。装備するアストラルアームズは宝玉型のドラッヘルグローブス。
(飛石武氏提案キャラ、ネタ元:「ドラゴンボール」後期ピッコロ)

デザイン・プロフィール :元ネタはドラゴンボールに登場した ナメック星人 である。Gma氏の古典種族であるネオシスが元々ナメック星人をイメージソースにしていたようだが、こちらは本家にかなり忠実な作りとなっている。ただ、ネオシスと比較的近いという設定は元祖ナメックモチーフに敬意を表した所もあり、さらにネオディック竜繊族の設定もノーメックの投稿に端を発している。
ナメック星人だけあって設定キャラのイメージモチーフもピッコロ、初代神様、デンデ、ピッコロだったりする(笑)。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: